THE HOLY BIBLE

MANIC STREET PREACHERS @ Liberty Stadium, Swansea, Wales 2016/05/28 Pt.2

c0011327_1542585.jpg

待ちかねたMANICSです。
Everything Must Go 20周年ということでのツアーファイナル、昨年のTHB20同様にまずはEMG20のアルバムの順で前半は進行します。
前方ブロックではすでにSFA前から酔いつぶれて立てないおばさんやら、やたらうるさくぶつかり合う輩も多くいましたが、ポジション的にはまたと無い機会なので、周囲は気にせずを意識して楽しみました。
ストリングス隊はニッキー後方に8名いたでしょうか、スケールの大きなサウンドに大変貌した節目の作品だけに、豪華さもまた格別でした。

c0011327_15451881.jpg

ジェームスは相変わらずの体型ではありますが、一瞬にして声で場を作るオープニングでしたね。
地元でもありツアーファイナルでもあり、気合が十分伝わってきました。

c0011327_15491560.jpg

なかなかニッキーのステージアクションを写真で抑えるのは難しくて、いつもちゃんと撮れないジャンプシーン。
膝の故障を抱えてから、あまり頻度も高く無いことから余計難しいのですが、今回はそこそこ頑張りましたという。。
馴染みのジャケット姿からのスタートでした。

c0011327_1550323.jpg

ショーンはセンターに陣取ろうともそう顔が見えない沈み込みようなので(笑)、今回もこれが寄りの限界でした。
カメラもそれほど良いものではないコンパクトカメラなので、それにしては健闘です。

c0011327_15545315.jpg

途中「Small Black Flowers That Grow in the Sky」の時はニッキーとショーンが袖にはけるので、周囲の酔ったオヤジたちの叫び声にイライラしつつも、ステージに戻ったニッキーは着替え済み。
レザージャケットで落ち着いたスタイルですね。

c0011327_15554635.jpg

今さら思うこととしてはこの日ニッキーのジャンプは非常に多く、サポーターも両膝していたので、決して良くはないと思うのですが、本当に飛んでいた。
おかげでチャンスも多いのですが、これもファイナルへの意気込みでしょう。

c0011327_15563411.jpg

あと、いつぞやこうしてキックを正面から撮れるとカッコ良いなと思ってた理想にかなり近づいた写真。
客の指が写り込んでしまいましたが、絵になるベーシストです。
歌ってるジェームスも気になるのですが、どうも目が離せません。

c0011327_15571218.jpg

EMGが終わりインターミッションに。
15分くらいはあったように記憶していますが、あっという間に終わってしまうのです。
THB20に比較すると心情的には再スタートが大成功という祝福の象徴的アルバムだけに、感動の連続という展開ですが、そんな時間はあっという間ですね。。

c0011327_15581917.jpg

後半スタートし、気になっていた雨がまたパラパラと。。
この辺りから前方モッシュが一気に激しくなり揉みくちゃになりましたが、「Walk Me to the Bridge」からは雨がかなり強く降り始め、ビールがかかっててもきっとわからなかった状況。。

c0011327_15595437.jpg

今回新曲があると聞いて楽しみだったのは、もうニューアルバムあるか?みたいな期待からでもありましたが、こういっちゃなんですが、発売前ではありながら時期ものでEURO2016のウェールズ代表応援ソングとして作られた「Together Stronger (C'mon Wales)」がそれだったようです。。苦笑
散々聴いていたのでもう新曲感なかったのですが、この日ライブで初プレイ。
もちろんウェールズでやってますから凄まじい盛り上がりで、スウォンジー・シティのユニフォームよりウェールズ代表を探すべきだったかと一瞬思ってしまいました。
このショットもニッキーのジャンプが決まってますね。

c0011327_1604386.jpg

袖までいかずに上を着替え始めたと思ったら、アンプ前でパンツも脱ぎ一瞬青いパンツまで見えてしまいましたが、ウェールズ国旗デザインのスカートになったニッキー。
サポーターが本当に痛々しいのですが、最後はそれすらめくってましたね。
神々しいライティングとともに。

c0011327_1612530.jpg

ステージも大きいのでなかなか3人のポジションで近い距離にはなりませんが、すでにツアーでは定番化していた「(Feels Like) Heaven」などもプレイされて、ラストソング「If You Tolerate This Your Children Will Be Next」へ。
スクリーンには客席が映されましたが、自分も写ってなかったのかなと。。

c0011327_1622348.jpg

今回もあまりの興奮と感動であっという間すぎて、もう1度観たかったと思わずにいられません。
ロンドン公演全部という選択肢もあったのですが、こういう特別な会場を選ぶのもまた良くて、今回はSFAも合わせ幸運にも恵まれました。

c0011327_163842.jpg

最後に上がった花火。
今回ステージに近すぎで全然見えませんでしたが、これがその限界ポジション。

c0011327_1634024.jpg

終演後のスクリーン。
サイドのスクリーンには「MANIC STREET PREACHERS」とバンド名になってましたが、名残惜しくもスタジアムを後にしてカーディフへバスで帰着しました。

c0011327_1636524.jpg

今回のマーチャンダイズを。
Tシャツはいろいろありましたが、デザイン的にはいつも微妙という話はありつつ、リバティスタジアムの日付入りを二つとスタジアム的に良いなと思ったスカーフ(もう使わない気もしますが。。)と、見た時にこれは自分に似合いそうだと思ったSFAのニットキャップです。
40過ぎてニットキャップ似合うのもどうかと思いつつ、やはりそこそこでした。笑
夏以外のライブならこれでSFAも良さそうです。


-1st Set- Everything Must Go 20
Elvis Impersonator: Blackpool Pier
A Design for Life
Kevin Carter
Enola/Alone
Everything Must Go
Small Black Flowers That Grow in the Sky
The Girl Who Wanted to Be God
Removables
Australia
Interiors (Song for Willem de Kooning)
Further Away
No Surface All Feeling

-intermission-

-2nd Set-
Ocean Spray (acoustic)
Can't Take My Eyes Off You (Frankie Valli cover)
Motorcycle Emptiness
Walk Me to the Bridge
Your Love Alone Is Not Enough
Together Stronger (C'mon Wales) (Live debut)
Nat West-Barclays-Midlands-Lloyds
You Stole the Sun From My Heart
Roses in the Hospital
Show Me the Wonder
(Feels Like) Heaven (Fiction Factory cover)
You Love Us
If You Tolerate This Your Children Will Be Next
[PR]
by yo4san | 2016-05-29 16:32 | Comments(0)
<< PUBLIC IMAGE LT... MANIC STREET PR... >>