THE HOLY BIBLE

FUJI ROCK FESTIVAL '16 Day 2 2016/07/23

c0011327_10382924.jpg

フジロック2日目、天気が良くて早い時間に出るのを躊躇していましたが、知人の誘いがあり昼に出てみると案外気温はそれほどでもなく、非常に快適でした。
会場入り前に乾杯を済ませ、フジロックといえば苗場食堂の「とろろめし」と、やっぱり鮎かということで、今年はレッドマーキーへの橋も復活していましたが、鮎の店がいつもの場所と違うような気がしつつ、無事今年もという段取りでした。
そこからすぐグリーンでMAN WITH A MISSIONを観ました。
ジャンケン・ジョニーのMCでは昨年のFFでの飛び入りの話になり、これが2回目のフジロック出演だと。笑
ただ事前のデイヴとの挨拶でなんなら出て行けとなったものの、呼び込みの時に名前が飛んだのか、手招きでの登場で参ったと。笑
たしかにあの日、ジャンケン・ジョニーかをわかった人はいないはずで、ダンサーとして出たからさらに35000人の観客の「?」の雰囲気が痛くて、それ以降FFを聴けなかったと。笑
でもこの出演でそれも思い出に変わったということなのでよかったですね。。笑

c0011327_10384342.jpg

前日のBIFFY CLYROといい、またしてもこの時間帯にかというTRAVIS。
最初からマンドリンがステージにあったので、これはと思ったらいきなり「Sing」からスタート。
かなり混んでましたから、やっぱり根強くファンはフォローしているんだなと思いました。

c0011327_10385731.jpg

ホステスで言ってたので記憶に新しいフランはこの日が誕生日。
こんな帽子かぶって観客席入ってきての大騒ぎでした。
楽しそうにライブする人ですよね。

c0011327_1039876.jpg

終盤、「Flowers In The Windows」をマイクで一人プレイしたフランでしたが、ここ数回来日ではマイク使わずという感じでしたので、大規模なステージで遠くまで素晴らしい歌が届いてよかったです。
最後、晴れの苗場でしたが「Why Does It Always Rain On Me」で終了しました。
素晴らしかった!


Sing
Selfish Jean
My Eyes
Animals
Where You Stand
Moving
3 Miles High
Side
Paralysed
Closer
Flowers in the Window
Magnificent Time
Why Does It Always Rain on Me?

c0011327_10392831.jpg

そこからレッドマーキーに移動し、LOOK PARK。
正直、あのFOUNTAINS OF WAYNE」のクリスのソロと聞くまで何かも知らなかったわけですが、当時の感じそのままで元気そうで。
曲もFOUNTAINSの曲もプレイしていましたね。

c0011327_10394524.jpg

すぐグリーンに戻ってのWILCO。
とても幅広いキャリアの変化を全部網羅する感じのセットリストでして、新しいのがそのまま好きな私にも奥深い楽しめる内容でした。
もうちょっと時間長く聴けると良いなと。。

c0011327_10395465.jpg

場所をセンター方面に動いてのBECK。
最初から最後まで本当に素晴らしいステージでしたが、初期のアッパーな楽曲で押しまくった序盤は圧巻でした。
「Looser」なんかも全く古さを感じさせません。

c0011327_1040566.jpg

ギターがやけに目立つなと思いきや、最後に紹介されてようやくわかった、あのJELLYFISHのジェイソン・フォークナーじゃありませんか!
かなり驚きましたが、元気そうで本当に何よりです・・・

c0011327_10401516.jpg

アンコールには白スーツに着替え登場のBECK。
ただベルトしてませんでしたね。笑
最後「Where It's At」では途中にジェイソン含むメンバー紹介や「One Foot In The Grave」など挟み、また曲を戻してという展開にグッときました。


Devil's Haircut
Black Tambourine
Loser
The New Pollution
Qué Onda Güero
Mixed Bizness
Hell Yes
Soul of a Man
Think I'm in Love
Go It Alone
Lost Cause
Heart Is a Drum
Paper Tiger
Blue Moon
Everybody's Got to Learn Sometime (The Korgis cover)
Dreams
Girl
Sexx Laws
E-Pro

-encore-
Debra
Where It's At


c0011327_10402581.jpg

すっかりBECKで盛り上がりきった気持ちで、なんとなく向かったレッドマーキーでのKULA SHAKER。
あまりの混雑にまず驚きましたが、近く時にあの「パッ パッ パー」と聴こえてきて、一気にテンションアップ。
そしてクリスピアンの変わらなさにまたグッときましたが、やはり驚いたのは後半の仕上げ。
「Tattva」〜「Hash」〜「Govinda」は鳥肌ものでした。
「Govinda」の時にもう予定時刻過ぎて「あと6分もらった」といってからでしたのですっかりこれで終わりと思いきや、戻ってきての「Dude」で終了。もちろん最後の爆発はなかなかのものでした。
やはり1stを全く超えられていないとは思うものの、あのアルバムの強さは今も健在で、11月の来日はこの再現ならと行くことを決めた次第です。

さすがにここで疲れてホテルに戻りましたが、今日最終日はかなり長時間滞在になるので頑張っていってきます。
BO NINGEN間に合わないかな。。。
[PR]
by yo4san | 2016-07-24 11:08 | Comments(0)
<< FUJI ROCK FESTI... FUJI ROCK FESTI... >>