THE HOLY BIBLE

STEREOPHONICS @ TSUTAYA O-EAST 2016/07/26

c0011327_873089.jpg

フジロック帰りですぐのSTEREOPHONICS単独です。
日本ではこのサイズで見れるというのはある意味世界一近くフォニックスを観やすい国とも思える大物なんですが、残念ながら渋谷でとなると職場からの距離ができてしまい、ギリギリ到着がやっと。
せっかく整理番号は良かったのですが、平日ライブはもう諦めるしかないですかね。。

c0011327_873745.jpg

フジロックでも素晴らしいライブでしたが、単独になれば時間も使えるし曲も増えるしで良いことばかりです。
より幅広い古い曲も追加されたセットリストになったと思います。
到着時はソールドアウトしていませんでしたが、かなりの混み方でしたので結果売り切ったのでは。

c0011327_88282.jpg

ケリーの声は本当にパワフルかつ表現力豊か。
ミドルテンポやスローな曲でその真価が発揮されると感じます。
だから中だるみするようなことがないから引き込まれるんでしょうね。

c0011327_881031.jpg

「Have a Nice Day」や「Maybe Tomorrow」などシンガロングかつ聴かせるメロディでもあるという、バンドならではな楽曲ではつい歌いたくなるものですが、どうやらフジロックのスクリーンに自分がサングラスして歌ってるシーンが映ったらしいことを同僚から聴き、あとから恥ずかしい気持ちになりましたが、観てる最中はそれどころではありません。

c0011327_881915.jpg

続けて見ているのにあっという間でした。
アジアの他地域をまわり、上海や台湾だと思いますがその後ニューアルバムに取り組むとケリーが。
そしてそのツアーでまた来ると嬉しい話もありました。
日常のストレスもこうして発散されるんだろうなという浄化作用でした。

その後、フジロックに出演していたLOOK PARKのギタリストのユニットのライブを覗きにいっての帰宅でした。
まだなんとなく体の疲れがありますが、気分よく今週乗り切りたいと思います。

C'est La Vie
Lost With You
The Bartender and the Thief
A Thousand Trees
Have a Nice Day
I Wouldn't Believe Your Radio
Maybe Tomorrow
Pick a Part That's New
Just Looking
Mr and Mrs Smith
Superman
Vegas Two Times
Mr Writer
Violins And Tumbourines
Indian Summer
Graffiti On The Train
Sunny
Local Boy in the Photograph

-encore-
White Lies
Dakota
[PR]
by yo4san | 2016-07-27 08:26 | Comments(0)
<< シュートしないとゴールは生まれない 写真で振り返るフジロック... >>