THE HOLY BIBLE

優勝争いに望みをつなぐ

c0011327_17340032.jpg
ここ最近公式戦3連勝という状況ではあるものの、ファビオも喜田も怪我で離脱という、けが人だらけのマリノス。
もうユースの選手をベンチ入りさせてしまう状態にまで突入しています。
昨日17日の新潟戦は状況的には決してよくない2ndステージ後半の正念場でした。
ただ、俊輔がついにベンチ入りとなり、どうにか勝って優勝争いに残ってもらいたかったところです。
来期からまた1シーズン制に戻るということで、それ自体は良いことと思いつつ、せっかくの2ステージ制のうちまだチャンスがあるのですから優勝をしておきたいですよね。。
勇蔵が300試合出場記念としてのコラボ企画のキン肉マンが着ぐるみ込みで来場していました。

c0011327_17342977.jpg
選手がもう残りわずかという危機的状況ですが、ディフェンスは勇蔵がいますから心配なくとはいえ、フォーメーションを見た感じ4-1-4-1としていて、アンカーポジションにパク・ジョンスを入れて、その前のインサイドハーフを2枚で中町と兵藤としていましたが、パクの試合勘がまだないのかアンカーのワンボランチは避けて通れない問題なのかパクの両サイドを簡単に割られるシーンが多い上にパクもミスパスが多くて、最終ラインの負担は大きかった前半。
中澤と勇蔵はバランス面でも慣れたものでしたが、新潟は前がかりに来た序盤は苦労していました。

c0011327_17350042.jpg
そうはいっても辛抱しながらのチャンスをものにした兵藤が先制ゴール。
今シーズンは俊輔不在が多いので出場も増えてきてはいますが、慣れないフォーメーションのはずでしたが、前後によく動き、流れを作りました。
でも実際前半は中町も兵藤も下がり気味にならざるをえず、ほぼ3ボランチのような位置取りでしたね。。

c0011327_17353011.jpg
後半に入り2点目は中町。
驚いたのがラストパスは勇蔵だったはずで、ここまで前がかりに一気にくるとは思いませんでした。
気迫のこもったプレーでした。

c0011327_17355942.jpg
そしてさらに意外といっては失礼ながら、天野純が俊輔ではなく交代出場。
この日出場時間は多くありませんでしたが、要所での縦へのパス供給が非常に良かった。
そのパスを受け前田が移籍から長くかかりましたが、右サイドから切り込みゴール。
素晴らしいシュートでしたが、もっと出場機会があれば早く実現したのかもなと。。
学がベンチだったことから左にマルティノスだったので出番も回ってきて、ついにものにしました。

c0011327_17362949.jpg
そうしてベンチ入りも出番なしの俊輔でしたが、こうして俊輔不在でもなんとかやりくりできれば、選択肢も増えるし最後には逆転も狙えるのではという希望も出てきます。
3点取って勝つというのは久しぶりの感覚ですが、まだ攻撃面の課題も多い状況なので、仕上げながらというのはどういう状態かという時期ではありますが、残り5試合全部勝ってもらうとして、次は天皇杯を挟んでアウェイで川崎です。
勝てば必ず3位浮上ということで6ポイントマッチになりますから、ぜひものにしたいですね。
今まで出場の少なかった選手たちが頑張りも今後の重要な要素になると思います。
c0011327_17365931.jpg
届いたのはちょっと前ですが、復帰作から4年くらいたったと思うDODGYの新作。
前作は正直復帰の喜びだけで、作品としてはなんと地味な。。。と思わずにいられませんでしたが、今作は古いDODGYファンも納得の充実した内容に感じます。
メロディ面でもバンドらしさとともにハーモニーも活きてますから、何度も聞きたくなる楽曲群です。
歌詞なんかはアプローチに変化を感じるものもありまして、長く続けるバンドという道程が垣間見えます。
なかなかチャンスを作れませんが、来日なんてしてくれないものでしょうかね。。
自分の出場機会をそうしてずっと待ってるのですが、スポーツ選手と違って、こればかりはただ待ってるだけなので、掴み取るものとも違いますが、想いが届くことを祈りつつ、繰り返し聴くことにします。


[PR]
by yo4san | 2016-09-18 18:06 | Comments(0)
<< 遅ればせながら先月の山形戦を振り返り THE CRIBS @ LIQ... >>