THE HOLY BIBLE

今週観た映画

c0011327_15102893.jpg
今週はシルバーウィークとはいえ連休ではない身分には営業日の少ない週程度ではありましたが、木曜はダブルヘッダー、土曜も一作と映画を多く観ることができました。
木曜最初に観たのは色々と話題の「君の名は。」で、世間の評判ほどハマらなかったので、ここでそのイマイチ加減を書いても生産性がないということであまり触れませんが、エッジの効いた内容ではないので、RADの音楽が好きな普段アニメ観ない女子がこぞって訪れ、案外普通だし突っ込みどころ満載の内容についても、考えず恋愛ストーリーとして観れば新鮮に感じるのかなと。
映像としてはアニメ作品のだいたいにはない緻密さや美しさがありアートとして良い内容でした。
続けてみたのが本命だったTHE BEATLESの作品。
ライブアンソロジー的な進行で、メンバーのインタビューは現在のポールやリンゴも入っているし、加えてライブをその場で体験していたというシガニー・ウィーバーやウーピー・ゴールドバーグのコメントも興味深く観れました。
ライブ中心なので、サージェント以降がルーフトップライブまでばっさり切られますので仕方ないのですが、その壮大な歴史の一面をしっかり伝える内容だと思います。
それにしても音の改善には驚きます。
歓声というか悲鳴のせいでいつも邪魔な音に感じるのすら、ちゃんと大音量で聴けるレベルに調整されているし、ジャイルズ・マーティンだけ許されている作業なんだろうなと感心しました。
それにしてもあれほどステージと距離あって、叫び続けたり気絶したりまともに見てない客だらけなんですが、何が目的であんな貴重な場所に行ってるんでしょうね、当時のお客さんたち。。。
本編終了後にシェイ・スタジアムの4Kレストアでの劇場限定公開版のおまけもあって、みっちりビートルズなんですが、最初にその旨伝えられるのに、エンドロールで席を立つのも理解できないお客さんたち。。。

昨日は邦題「ハドソン川の奇跡」を観ました。
見終わってからは原題の「SULLY」のほうがしっくりくる内容ですが、動員考えると仕方ない国内事情でしょうか。
よく知られた実話の映画を本当に丁寧に作っている印象で、とても面白かったです。
機内の緊迫した状況、色々な異常な環境下で、自分の仕事を信じ抜くというのは難しいでしょうね。
エンドロールで乗客含め本人も登場で、そのリアルさを実感できる内容です。
これはオススメ。
遅刻してくるわ、何度もトイレで目の前を行き交う客に集中しきれず迷惑なこともありましたが、家のテレビで観るのと違うだろうと思いつつ何しに来てたんだろうか。。

さ、昨夜アーセナルはチェルシーに圧勝し、今日は優勝争いの重要な終盤戦、マリノスが川崎との試合に行く予定です。
歩いていけるアウェイというのも微妙なポジションですが、今週の締めくくり勝って終わりたいところです。


[PR]
by yo4san | 2016-09-25 15:23 | Comments(0)
<< もっとも近所で歩いて行ける等々... 40年前、20年前と今をつなぐ >>