THE HOLY BIBLE

JAMES BLAKE @ 東京国際フォーラム 2017/02/25

c0011327_22240260.jpg
Jリーグ開幕戦を終え、一度帰宅してから向かった東京国際フォーラムでのJAMES BLAKEです。
平日ならオフィスから歩いてもいける距離なので、週末のこの横浜〜東京の移動がなんとなくもったいなく感じたものですが、音は良いハコでもありますし、全席指定はそうなんですが、8列目とはまずまず前だったのでじっくり聴けると楽しみにしていました。

c0011327_22241053.jpg
従来通りドラムとギターを加えての3人編成に、映像投影スクリーンを使っての演出でしたが、これが驚くほど緻密。
ミニマルに徹している映像のアプローチは楽曲の世界観にシンクロさせた一体感で表現されていたし、照明演出までビートに同期をとった構成に、普段クラシックのイメージのあるハコですが、その能力を最大限引き出すようなパフォーマンスだったように思います。
直接似てるわけではないのですが、フジロックでのNIN復活ライブの時の演出をちょっと思い起こしました。
c0011327_22242291.jpg
途中何度も驚くほどの静寂に戸惑っていた風にも見えましたが、日本ならではですね、本当に。
でもこれほど集中して、全部音拾うつもりで聴く姿勢って、素晴らしいとも思うのですが、音楽の種類にもよるだろうと最近感じています。
静と動のメリハリは以前の来日よりもより際立ち、高い完成度になったという印象でした。
途中プレイされた曲の多くが他アーティストとのコラボで、彼のアルバムのみを聴いていて馴染みがないのはそういうことかと、終わってから調べてわかったのですが、今後そうした経験からさらに楽曲に大きなフィードバックがありそうな予感です。

c0011327_22243028.jpg
ミニマルなサウンドからという点で、今年とにかくインパクトを持っているthe xxのような拡散する方向へのサウンド変化とキャッチーさの同居みたいのを、JAMES BLAKEにも期待していたのですが、アルバムとしてはストイックにソングライティング面での幅を広げている方向性なのかなと思った今作。
音の繊細さと芯の強いヴォーカルとのコントラストがthe xxとも違う独自の世界観にもなっているのでしょうから、この作りもやっぱりライブ見るとアリだなと思った次第です。
深みをもつというのはこうしてじわじわくるのも特徴でしょうか、復習するとまた発見があるような作りかもしれませんね。


Always
Life Round Here
Choose Me
Timeless
Limit to Your Love (Feist cover)
Lindisfarne I
Lindisfarne II
Love Me in Whatever Way
My Willing Heart
Stop What You're Doing (James Blake Remix)(Untold cover)
Forward (Beyoncé cover)
I Need a Forest Fire
Voyeur
The Colour in Anything
Modern Soul
Retrograde
The Wilhelm Scream

-encore-
A Case of You (Joni Mitchell cover)
Measurements


[PR]
by yo4san | 2017-02-26 22:45 | Comments(0)
<< PIXIES @ EX THE... 2017年シーズン開幕 >>