THE HOLY BIBLE

シーズン終盤

c0011327_00120800.jpg
ここ最近ずっと天気が悪い中、もう冬という気候の中、残すところ今シーズンはホームはもうこの鹿島戦とC大阪戦しかないという終盤。
ACLにはなかなか油断できないこの局面で鹿島がホームとはいえ、もう5年くらい勝ちがないそうで圧倒的に嫌なムードでした。
それが序盤からウーゴの怪我による久しぶりにスタメンとなった伊藤翔のゴール。
天野のCKからうまく合わせあっという間に先制、そして続くように天野もミドルを決めて早い時間帯で2点リードと、いつもと違ってまさかの展開。
ミスこそ目立つものの、なんとかしのいでいく流れの前半でしたが、1点返されてハーフタイムに。

c0011327_00121683.jpg
後半、最初からほぼ守りっぱなしという感覚になるほど押し込まれました。
それもミスから崩れるというシーンが目立ち、これは嫌な予感がと思ってたところの同点。。
これは今年も。。。と悪いイメージがよぎるのも仕方ないところ。

c0011327_00122243.jpg
しかし終盤押し返す時間帯がきて、遠藤のゴールというかこの時点では昌子のオウンゴールが公式記録でしたが、結果遠藤のゴールとなったようで、ここからとにかく守りっぱなし。

c0011327_00122831.jpg
勇蔵が入ったことで守り抜くぞというアディショナルタイムも加えると10分以上の長く感じるその後でした。
最後の最後にはこうして曽ヶ端まで上がってきましてのシーンでしたが、どうにかしのぎ切って首位鹿島相手に勝利し、他の影響もあって3位浮上。
ACL圏とは言っても上ふたつは程遠い残り4試合になり、3位を守れるかどうかに焦点が絞られてきました。
とはいえこの時期こうしてリーグでもまだモチベーションが保てるリーグテーブルは頑張っているし、相変わらず監督に戦術は感じないまでも、選手は非常によくやっています。
学がいないのは、やはり攻撃のオプションを削っていますが、どうか最後に笑えるシーズンとなってほしい。
手前にコンサドーレがFC東京に、シーズン初めてとなるアウェイゲームでの勝利により連勝し、かなり残留が濃厚になりまして、とても良い土曜となりました。

c0011327_00123356.jpg
日曜は選挙デーということで、正直これだけ批判があっても結局そうなるのねという気にもなっていますが、アーセナルも途中交代ながらウィルシャーも出場し、エジル、サンチェスも活躍のエヴァートンに勝利。
フットボールは幸運を感じる週末となりました。
明日以降、ライブ連発の月末になりますが、その前に台風通過がどうなることやらという日になりますかね。。
空いた時間は音楽に使いましたが、先週リリースのST.VINCENTのニューアルバム。
サマソニでは他の都合で諦めましたが、また洗練されたポップ路線にふった作品と言えると思いますが、ロックというにも色々あってこそと思わせられる作品ですね。
日本盤を購入した都合からボーナストラックが「政権腐敗」という、なにをどうしてこういう時期にこういう曲とは思いますが、単独での来日があると良いなと思っています。




[PR]
by yo4san | 2017-10-23 00:28 | Comments(0)
<< WOLF ALICE @ WW... 苦境を乗り越えよう >>