THE HOLY BIBLE

alt-J @ 赤坂BLITZ 2017/11/24

c0011327_19535553.jpg
今週は金曜にさりげなくネーミングライツからマイナビとついたらしい赤坂BLITZでのALT-Jを観てきました。
前日が休日でしたので一日だけの仕事からのライブということで気持ちもゆったりと思いきや、この会場到着後に来年春のMANICSのUKツアーチケットセールがあり、かなりそわそわしていながら、ロンドン、カーディフに加えリーズもチケット確保しまして(alt-Jはリーズ出身でしたね、たしか)ホッとしての締めくくりでした。
当日券も出ていたはずなのですが、とにかく驚いたのが日本人の少なさ。
ここまで外国人ばかりのライブは経験がなく、周囲の会話は英語ばかり。
日本人がなぜ少ないかもそうですが、ヨーロッパであまりライブやってないからわざわざ来たとかあるんですかね?
まるでヨーロッパでライブ観ているような気持ちになった賑やかさ(これは文化的違い)でした。
c0011327_19540747.jpg
なんやかんやと観るのが3回目くらいのyahyelがオープニングアクトで、alt-Jは最近流行りかなと思うLEDの照明スタンドを仕切りのようにメンバー間に配置したステージで登場。映像を使うわけでもなくシンプルな演出だったと思いますが、このバンドの音の世界観は独特なので、それを引き立てる効果は高かったと思います。
3rdアルバムのツアーということでさらに音は繊細な方向に向かいながら、使う音そのものは珍しくないのに、いわゆる普通のロックではない曲の作りをしている特徴がハマる人が多いポイントではないかと思うのですが、アート感の強いパフォーマンスだったように思います。
こうして前方で観てたからということではないのですが、途中身勝手な女にどつかれて注意したものの、不愉快な気持ちになることがなければさらに良かったのですが。。
c0011327_19541393.jpg
それほど日本に多く来ているわけでもないし、今回もこの一回しかライブがなかったバンドですが、アルバムには日本を感じさせるテイストがやはりあって、独特の視点というのは繊細な音とうまくマッチしている作りだなと思った作品です。
曲数だけでは前作がかなり多かったのですが、この3rdはそもそも曲数が少ないので全部とまではいかないながらほとんどプレイされていたように思います。
なんとなくヘッドフォンで聴きたい音楽の一つなんですが、ライブで集中できるとまた違った曲の側面を感じられました。

3WW
Something Good
❦ (Ripe & Ruin)
Tessellate
Deadcrush
Nara
In Cold Blood
Dissolve Me
Matilda
The Gospel of John Hurt
Bloodflood
Every Other Freckle
Taro
Adeline
Pleader
Fitzpleasure

-encore-
Intro (An Awesome Wave)
Left Hand Free
Breezeblocks




[PR]
by yo4san | 2017-11-26 20:17 | Comments(0)
<< マイペースな週末 早くもホーム最終戦 >>