THE HOLY BIBLE

衝撃の日韓戦

c0011327_17520136.jpg
しばらく経ってしまったのですが、あまりのショッキングな内容で忘れたいレベルの試合だったのもあり、だんまりを決め込もうかと思ったものの、観たものは記録しておかないとという気にようやくなってきましたので東アジア杯と呼んでいたはずのE-1振り返りです。
味スタで代表戦というのが過去経験がないように思いつつ、東アジア杯とはいえ、また海外組もクラブワールドカップで不在の浦和の不在にけが人続出のセレッソからも代表が抜けた、実質2軍以下という条件下ながら優勝がかかった韓国戦でした。
海外が偉いのかという代表選考への反発もあるし、こうしたところで意地を見せてもらいたいし、最近DF陣の迫力も感じないことから、新戦力という意味では期待をしていました。
選手入場時、ひときわ目を引いたのが日本代表のエスコートキッズでセンターを張っていた凄まじく遠近感のおかしい少年の存在。
あまりに目立ちすぎてこればかり連れのメンバーと盛り上がってしまっていましたが、ここで気づくべきは韓国代表の長身だったことに試合で気づかされることになります。

c0011327_17521087.jpg
日本のスタメンはなぜこのタイミングで今野招集なのかという話はあったとしても、少なくとも勝ちにいくために必要という受け止め方でした。
リーグでは劇的な優勝を決めた川崎の小林悠、代表では最近印象に残っているリーズ移籍間近と言われている井手口、GKではもともとシーズン通して定評のあった中村と、国内組としては驚かない構成のなか、なぜ植田がサイドバックなのかなど、気になる程度だったように思います。

c0011327_17521895.jpg
前半ラッキーにもかなり早い時間でPKをもらい小林が先制したので気を緩めて見始めたのも悪く、すぐさま韓国の大反撃を目の当たりにします。
まずとにかくすぐロングボール主体であっさり前線まで運びまくられ、ふと気づいた前線の高さ。
まるでDFが勝負にならないほど圧力をかけられまくり、ずるずる下がるディフェンスにガンガン入り込む韓国。
そして高さでまるで戦えないところを見せつけられたこの同点となる失点。
この9番がとにかく半端なく存在感をはなち、まるで日本は攻められもしない状況から逆転されてのハーフタイム。
もうこりゃ無理だなというほどレベル差があり、少しは後半メンバー替えてくるかと思いきやそのままズルズルとやられる流れに。

川又入れてツートップにして最後は抵抗して見せたつもりかもしれませんが、正直プロとアマチュアほどの差を見せられました。
これほど酷い日本代表はかつて観たことがありません。
試合後聞いたところでは4失点は38年ぶりといいますからそりゃそうですね。
そしてさらに追い打ちをかけたハリルホジッチ監督の「韓国のほうが強いと思っていた」発言でもうがっくりの帰り道でした。

この時期クラブW杯を観に行ってるメンツで行ったこともあり、新宿で軽く飲んでということにしたのですが、いつもならその年の出来事やら近況振り返りが話題の中心なのですが、この日ばかりはあまりの日本代表のレベルの低さにその話ばかりで終わった記憶です。
来年3月はヨーロッパ遠征を行い、5月に日本で試合を入れてのロシアW杯となるスケジュールですが、本当に監督替えなくて大丈夫なんでしょうか。
負けてから「相手が上だとわかっていた」と言われなくても知ってることをコメントされたところで、お前は何をやろうとしたんだと批判されても契約終了だしという相手じゃないのだろうかと。

確かにJリーグを直前までやってればコンディショニングもという話でしょうし、浦和も呼べずけが人多数とはいえ、韓国は史上最弱と国内で言われている状況から海外組も抜けているという意味で実質2軍は一緒の条件で、こうも差があって良いのだろうか。
そんなこんなでW杯までもちろん応援はしますが、監督には期待していないという決定的な一日になったと思います。

c0011327_17522556.jpeg
そんなショックからも立ち直らないといけませんから、この年末移動中にはこのLCD SOUNDSYSTEMのニューアルバムをよく聴いていた気がします。
再結成というほどバンドとしての印象はありませんでしたが、夏のサマソニでチャンスはあったものの、MOGWAIと確か被ってたので断念しまして、今さら観てければよかったなと悔しい高性能なアルバムに感じます。
今年は秋から冬でのリリースが多くて聴くのも追いついていませんが、年末年始は帰省しないのでゆっくり音楽を楽しもうと思っています。




[PR]
by yo4san | 2017-12-24 18:12 | Comments(0)
<< 元旦につながる光 SLOWDIVE @ 赤坂BL... >>