THE HOLY BIBLE

これでようやく自分的にシーズン開幕

c0011327_01343369.jpg
もうかなり試合が前後行われていますが、個人的にはこれが開幕という2月からリーグ開始していながら、行けない日に限って三ツ沢というスケジュールだった3月がようやく終わり日産スタジアムでの初戦となった川崎戦です。
開幕当初、あまりにもサイドバックを中央に絞らせて、飯倉までも上がりまくる走りまくるスタイルは、試合通して、シーズン通してもつわけがないと思っていた戦術でしたが、徐々に定着、そして連携を持ち始め仕上がりが見えつつあるという状態になるのは予想より早かったと思います。
順位は団子で下の方とはいえ、予想通りコンサドーレのほうが上にいますが、ここから楽しみは感じているマリノス。
しかも川崎戦となると気合も入るというものでした。

c0011327_01343730.jpg
前節あたりから大津がスタメンに入るようになり、最後の加入となったブマルと合わせ、これが今シーズンの戦力としての基本形という状況になってきました。
飯倉の走行距離がメッシを超える日があるとか、いつか上抜かれるシュートやられるよねとか、中澤がこの連戦持ち堪えるかなど、ビール売りの兄さんとも毎年恒例の挨拶をしてからの前半は、両チームともそれぞれのスタイルを貫き良い攻防となっていました。
スコアレスでハーフタイムに入りましたが、攻撃としては悪い状態ではなく、そして本当に山中のポジションどりは運動量も含め凄いという感じです。

c0011327_01344246.jpg
ハーフタイムにはminmiが応援歌を歌いに登場。

c0011327_01345343.jpg
後半入り早めの時間帯に川崎の家長のゴールで先生されましたが、すぐさまCKから中澤のボンバーヘッドで同点に。
要所を締めるディフェンスだけでなく、このゴールもあるところが頼りになります。
でもこの5月でのW杯期間までずっと連戦かつミッドウィークはリーグカップではなく、リーグとして開催が続く過酷スケジュール。
この後もそうですが、ここでもすでに結構な連戦なので、中澤の疲労が心配されますが、今年は本当に気合が入ってます。
c0011327_01350357.jpg
後半、そこそこ押し込む時間帯が長かったのですが、結局決めきれずということでそのまま進んでいて、終盤川崎がついに復活した齋藤学を投入。
どこか身体がまだ太いのではという印象でしたが、ユニフォームの色のせいでしょうか。
結構なブーイングで手洗い歓迎でしたが、怪我から復帰できて、やはりあの独特のリズムのドリブルは健在でした。
こうして何度か持ち上がるシーンが印象的でしたが、最後はしっかりブロックしたマリノス。
最終的にドロー決着でしたが、内容は悪くなかったし、川崎にそこまで攻め切らせなかったという点でも今シーズンのポテンシャルを感じた試合でした。
c0011327_01353928.jpg
そうして手応えを感じたのもつかの間、その後のミッドウィークでの広島戦では、パトリックにやられまくり完敗で順位も沈み気味という状態で、
明日は神戸戦という状況です。
ぜひ連敗はせず、立て直してきてもらいたいところです。
今月はMANICSのニューアルバム前はリイシュー系ばかりになっているのですが、その中でも相変わらずの物量ということでLED ZEPPELINのライブ盤もリマスターで登場。
これでオリジナル盤はもういらないかなとすら思うくらい最近収納に困るので仕様差をおさえようとしてみたところ、どうも同じ曲で収録されていながら、地味に編集されて短いトラックもあったりで、ただのリマスターではなくて、結局音質は好みということだと思いますが、これはこれという扱いの作品になりました。。
音のほうはこの新リマスターのほうが好きだと思いますが、今年はまだリリースがあることをジミー・ペイジが予告しているということで、出費もなかなかになりそうです。

最近環境変化の疲れか、映画を多く観るせいか時間が足りなくて困っていますが、GWのMANICSのUKツアーに向け準備も進めつつ、こうした気分転換がとても大切に感じています。
そういえば映画は3月序盤に札幌に帰省して観た「5時17分発パリ行き」や、「リメンバー・ミー」「ウィンストン・チャーチル」「ペンタゴン・ペーパーズ」「パシフィック・リム アップライジング」あたりをその後観ていまして、どれも楽しんでいるのですが、やはりその中でもチャーチルの印象が強いゲイリー・オールドマンには圧巻でしたね。

明日はマリノスの神戸戦。ポドルスキーは欠場みたいですが、コンサドーレの好調の流れから勝って気分良く週末を終えたいと思います。


[PR]
by yo4san | 2018-04-15 02:05 | Comments(0)
<< 1日3回の逆転負け 新年度、挫けながらもあの豪雨を... >>