THE HOLY BIBLE

MANIC STREET PREACHERS @ First Direct Arena, Leeds, England 2018/05/02

c0011327_17522807.jpg
今回の渡英は自分で決めておきながらスケジュールが結構過密になってしまいまして、バタバタとリーズからもうロンドンに戻ってしまっていますが、今回の一本目となったリーズの振り返りから。
リーズ駅から歩いて20分もかからない場所にあるFirst Direct Arenaですが、いつものことですがチケットが現地受け取りだったので、また開場しないとチケットすら受け取れないのではと思いつつ、30分くらい前に行ったところ、BOX OFFICEが開いてまして、このほぼまだ並んでもいない状況にくわわれたことで、一番前に陣取ることができ、ジェームスとニッキーの間、ショーンの正面みたいな位置関係で入れました。
今回オープニングアクトがTHE CORALということで、それも豪華な話なのですが、こちらはまた別途。
c0011327_17553180.jpg
ジェームスの序盤の出で立ち。
そういえばギブソンの倒産の話なんかもニッキーの振りでMCにありましたが、レスポールが良いですね。

c0011327_17554735.jpg
こちらニッキーの序盤。
視線としてはニッキーがメインになってしまいますので常に追ってましたが、いつもながらステージでも目立ちます。

c0011327_17555701.jpg
いつもながら奥にいて顔がチラ見程度になってしまうショーンですが、ドラムキットには今回のRIFアルバムの侍が。
オープニング映像では日本人女子が甲冑姿で出てきますが、日本だとさらにうけそうですね。

c0011327_17523622.jpg
今回のツアーはRIFアルバムからの選曲が多めになっていて、そのアルバムそのものも素晴らしかったので、実にライブ映えすると思うのですが、「International Blue」でのオープニングに続いて「Motorcycle Emptiness」でいつもの映像ではありますが、こうして4人集合での写真が撮れて感慨深くなりました。

c0011327_17560614.jpg
写真の話で続けると、その直後ですがこうしてニッキーの今日イチのジャンプシーンもiPhoneでおさえました。
もっと明るく撮れると良いのでしょうが、ライブで盛り上がってる最中なので、自分としてもそこまで頑張れないということもありますが、膝の具合はどうなんでしょうか。
何度も飛んでたので騙し騙しなんだとは思いますが、ファンとしては嬉しいシーンです。
c0011327_17524220.jpg
この日はアコースティックで「Faster」と「Can't Take My Eyes Off You」と「Stay Beautiful」と3曲なので他より「Can't Take My Eyes Off You」分が多くなったのですが、3曲とも大合唱でして、「Stay Beautiful」のサビもそれはもうということになっていました。

c0011327_17530475.jpg
お色直しが済み登場した後半のニッキー。
シルバーのパンツが光り輝いていましたがハットは早めにとってサングラスかけ直していました。

c0011327_17563052.jpg
RIFアルバムの楽曲は映像演出も作り込まれていて、PVを多めに用意しているところからもアルバムへの気合が感じられますし、チャートアクションも良かったことからこうしてアリーナツアーもできるということでしょうか。
リーズはソールドアウトとはなってませんでしたが、サイズの大きなステージでも存在感あるバンドだなといつも思います。
c0011327_17563882.jpg
最後は金の紙吹雪の中で締めとなりましたが、マンチェスターではTHE ANCHORESSことキャサリンが参加して「Dylan & Caitlin」がプレイされたり「Little Baby Nothing」もキャサリンとやっているようですが、リーズではサポートメンバーでおなじみのウェインが担当していました。
ロンドンやカーディフでゲストとしてきてほしいものです・・・

c0011327_17564921.jpg
今回のセットリストでは「4 Ever Delayed」や「Horses Under Starlight」といった古いかつ珍しい選曲が印象的ですが、そういえば「Horses Under Starlight」をプレイするとき、ジェームスが間違ってさらに次の「Everything Must Go」とコールしてしまい、ニッキー失笑というシーンもあったりと、そういうところもひっくるめて良い雰囲気のライブでした。

本日はロンドンでウェンブリーアリーナとなりますが、確か前にウェンブリーアリーナで観た時はRAZORLIGHTがオープニングアクトだったよなと思いつつ、楽しんできたいと思います。

International Blue
Motorcycle Emptiness
No Surface All Feeling
Distant Colours
Your Love Alone Is Not Enough
4 Ever Delayed
Dylan & Caitlin
You Stole the Sun From My Heart
There by the Grace of God
The Masses Against the Classes
Horses Under Starlight
Everything Must Go
If You Tolerate This Your Children Will Be Next
Faster (James Dean Bradfield solo acoustic)
Can't Take My Eyes Off You (Frankie Valli cover)
Stay Beautiful (James Dean Bradfield solo acoustic)
You Love Us
Walk Me to the Bridge
Hold Me Like a Heaven
Tsunami
Let Robeson Sing
People Give In
Slash 'n' Burn
A Design for Life






[PR]
by yo4san | 2018-05-04 14:27 | Comments(0)
<< GAZ COOMBES @ R... 今度こその思いでの勝利 >>