THE HOLY BIBLE

映画関連振り返り

c0011327_00365563.jpg
ここ最近観た映画を書いておくのを忘れていました。。
5月の最後の週末には、「犬ヶ島」「SUKITA」「ゲティ家の身代金」を観ました。
「犬ヶ島」は日本文化をベースにかなり楽しめた作品で、さらには犬を飼いたくもなるストーリーでハマりました。
事前に情報をあまり入れずに行ったことで声優が誰かも知らないまま観ましたが、声でスカーレット・ヨハンソンがわかったのはアベンジャーズシリーズの見すぎかと思いましたが、エドワード・ノートンも気づきました。あ、ハルクやってるか。。苦笑
「ゲティ家の身代金」は実話を元に、キャスティングがかなりもめたという話を知っていてのリドリー・スコット監督作品でした。
なかなかショッキングな映像シーンもありましたが、こうしたストーリーは実話ベースだと表現に制約もありそうですが、俳優それぞれの演技は見所ではないかと。
そして「SUKITA」ですが、これはまさに鋤田正義さんのドキュメンタリーで、関係者のインタビューとともに構成されている映画ですが、映画を観る前日に鋤田さんのトークショーに新宿でいけてまして、貴重なお話をボウイのエキシビションの時に続いて伺うことができました。
ポートレートはもう控えめに、地元で風景写真を撮りたいというお話もありましたが、ぜひロックミュージシャンは引き続きと思ってしまいます。

c0011327_00365957.jpg
そうして映画の公式ブックに加え、5年前でしょうか、ロンドンのボウイのエキシビションを観た時に続けて回ったスナップギャラリーのカタログを持参したところ、両方ともサインを鋤田さんからいただけまして、一生の記念となりました。
映画を観ることで、さらにボウイにどれほど日本人が影響を与えていたかわかりますが、鋤田さんと握手もできて感激しました。

c0011327_00370844.jpg
先日レコードストアデイでリリースされたこのライブアルバム、写真は鋤田さんのものですが、どうせならレコードも持っていけばよかったろうかと思いつつ、この最近のレコードの価格高騰が気になっていたところ、またCDあとから出たりするのだろうかと思っていたら、本当に今回もリリースが決まってしまいました。
しかも今月出るというからあまりにインターバルもない状況ですが。。。
扱いの便利さからはCD優先と思ってしまうわけですが、そんなに同じ人間にいくつも買わせる仕組みより、もっと限定で煽らず幅広いファンの獲得狙いの仕組みにしてほしいなと今更ですが。
とはいえ先にこの素晴らしい音源も聴いているわけだし、文句言うならCD買うなという話なのでそれはまぁと思っていますが、自分の中で今もまだ続くボウイ熱は、きっとこれからも続いていくと思っているところです。

そして月も変わって6月に入りお待ちかねの「デッドプール2」も観ました。
スター・ウォーズの時もそうでしたが、IMAXが2Dで上映され、3Dがないのは作ってないのか後出しなのか、こういうの気になりますね。。
中身からは3Dが効果ある作品だと思うのですが。。。
期待通りの笑いが終わりにラッシュであるように思いましたが、ケーブルも入ったことでぜひ続編やってもらいたいですね。
ライアン・レイノルズは消極的という情報もありますが。

さて、また明日から一週間乗り切っていきましょうか。。。



[PR]
by yo4san | 2018-06-04 00:55 | Comments(0)
<< 空っぽな状態からどこへ向かおうか ルヴァン杯で先勝 >>