THE HOLY BIBLE

PUBLIC IMAGE LTD @ EX THEATER ROPPONGI 2018/07/03

c0011327_21482496.jpg
今月はフジロックを見送りこれに集中ということで大阪も込みで最大級のイベントとして臨んだPiLの来日公演です。
幸いにも両日とも整理番号が良くて、六本木のこちらは47番。
さすがに真ん中は無理でしたが、上手はじには一番前で入ることができました。
本当はこの来日の手前のUKツアーに行きたかったものの、GWに行って来たばかりということもあり、この来日に救われた気持ちです。

c0011327_21491495.jpg
今月下旬にBOXセットも発売されますが、PiLとして40周年ということでのツアーなので、新曲ということはないのですが、キャリア総括的なセットリストで固定されていました。それもあってシングル曲が中心になり直近の曲が少し多いとはいえ、全体を網羅するような流れです。
最初は「Warrior」ですが、若干ジョンの喉の調子は良くなさそうに感じた序盤。

c0011327_21504547.jpg
今回のツアーのジョンの衣装はゆったりとしているのはまぁそうとして、比較的かっちり目のスタイル。
髪の毛も逆だてることもなく落ち着いた印象でしたが、ライブのほうは関係なく熱いものでした。笑
喉の不調からなのか、高い声の伸びが過去のライブから見てもちょっと心配な状態ではありましたが、それを上回るパワフルなスタイルは健在で、ぐいぐい引っ張られました。

c0011327_21573688.jpg
いつも通りのこうしたポージングもあり、いつも通りドリンクを含んだかと思えば足元のバケツ(かなり大きい)に吐き出し(といってもほぼ入らずブチまける状態ですが)、こうしたジョンを観れるだけで感慨深い状況でしたが、「Flowers of Romance 」「This Is Not a Love Song」「Rise」の流れは本当に圧巻でした。
Anger is an energyのリフレインには震える感覚すらありましたね。。
ダイブもはじまる状態でしたが、ジョンはセキュリティに対応に注意するように言ってたりしました。
確かに引きずり下ろした後の対応の事ではそうだと思いますが、とはいえダイブの時点で迷惑というのはあったりするけどねという。。苦笑

こうして5年ぶり来日、カーディフ以来2年ぶりのPiLのライブ初日を終え、翌日の大阪に向けて気合いをさらに入れた夜でした。

Warrior
Memories
The Body
The One
Corporate
The Room I Am In
Death Disco
Cruel
I'm Not Satisfied
Flowers of Romance
This Is Not a Love Song
Rise

-encore-
Public Image
Open Up (Leftfield cover)
Shoom



by yo4san | 2018-07-07 23:16 | Comments(0)
<< PUBLIC IMAGE LT... 映画とアートとワールドカップの週末 >>