THE HOLY BIBLE

PUBLIC IMAGE LTD @ IMP HALL 2018/07/04

c0011327_23211583.jpg
前日の六本木の興奮も覚めぬまま大阪入りしまして、時折雨の大阪でしたが、梅田周辺を歩き回ってから向かったIMPホール。
初めてきましたのでどういう構造かも事前でネットで確認してあったりと万全の状態で臨む気合いも当然で、この日の整理番号は人生初の1番。
これってかなりすごいことだと思うのですが、前日物販は売り切れで買えなかったツアーTも事前販売で買った上での会場入り。
どうも同日隣の大阪城ホールでは長渕剛のライブだったらしく、やたらとガチ長渕勢を周辺で見かけましたが、こちらはちょっと前に購入したPiLコラボのサイクリングジャージで突入です。
c0011327_23215544.jpg
1番なら当たり前とどこかで聞いたフレーズ的な話ですが、ど真ん中一番前に陣取りスタートした大阪公演。
セットリストは同じですが、とにかく細部まで見える見える。
この日ジョンはさらに喉が辛そうな序盤でしたが、途中からドリンクが増え、前日より明らかに受け口が小さいゴミ箱では、相変わらずブチまけるような状況でしたが、パワフルなライブはまるで変わりません。
とにかくバンドの安定感が素晴らしいので、印象的なのはスコットのベースですが、ルーもブルースも間違いないバンドになっていると観るたびに感じます。

c0011327_23222458.jpg
カーディフの時のように本当に目の前でしたから、できるだけその目に刻み込もうと、集中してライブを楽しみました。
前方はそこそこ圧がありましたので、平均的に年齢高めになるオーディエンスですが盛り上がっていました。
ただ若い人たちは何をきっかけに聴くことになるのか同時に不思議でもあったり。

c0011327_23223744.jpg
楽しいことはあっという間であと2〜3回はライブ観たかったものの、アルバム制作に入るかもという話もあるので、まずは月末のBOXを待ちながらも、次があることを想像しながらまた待ちということになりますね。
そうしてかなりやりきった感がありましたが、セットリストを2日続けてもらい損ね、これだけは運がなかったなと思っていたのですが、フラフラと会場出てから、そういえばカーディフでのことを思い出し、出待ちってどんな感じだろうかと。
東京では訳あって完全封印しているわけですが、見つけた出待ちの数名から聞いたところではガードが東京は固く、無理っぽかった話でした。
あまり興味ない誰と会ったみたいな武勇伝を地元客から聞きながら、PiLのサイクリングジャージのこと聞かれたりで、待つ事1時間半くらいだったでしょうか、機材も出し終えそろそろという空気になって、場所を決められて待ってたところなぜか出待ち隊先頭に躍り出る結果に。。。
ノラが車に乗り込み、その後ランボーとジョンが来たのが見えまして、思いっきり呼び続けたものの車に乗って動き出したところで、奇跡が起きました。
車がすぐ止まりランボーが降りて来てジョンと一緒に来たではありませんか!
そこからこの日二度目の大興奮の時間となりましたが、いくつか持って行ってたCDも慌ててるし緊張するしで手元がおぼつかなく、一枚しか出せずサインはまずもらい、とにかく今回は写真と思って、ジョン、ランボーそれぞれと一緒に写真撮らせてもらいました!
カーディフはサインは入手できたものの、真っ暗な駐車場でしたので無理でしたが、本当に驚きました。
セットリストなんてもう忘れる勢いでしたね。。
c0011327_23232511.jpg
そうしてカーディフではアナログにもらったサインを今度はCDにジョンだけにはなりますが、サインをゲット。
サインは今までも何度かということもあって、大収穫というか奇跡はやはり写真。
帰り道、知り合いになった出待ち隊の方にも話しましたが、自伝にジョンと一緒に収まっている写真からかれこれ20年以上経過し、また写真に入ることができました。
自分にとってまさに神、音楽にハマる全てのきっかけとも言える存在なので、これほど名誉なことはありません。
1番もそうですか、とにかく運に恵まれた大阪となりました。
その後帰り道興奮が収まらないので、ホテルに歩いて帰れる範囲で探したお好み焼き屋で軽く飲んで、出ることにはどしゃ降りとなった雨の中、気分よくホテルに帰りました。
翌日は燃え尽きた感がすごく予定より早い新幹線に変えて帰ってきましたが、一生忘れない大阪遠征となったと思います。

こんな事が起こるここ最近、それだからこそ仕事面では一切状況も好転しなければ、信用できない連中ばかりに嫌々関わるしか無かったことも思い出さされることが多く、何一つ良いこともないわけですが、こういう運を貯めていたのか、使い果たしたのか、そういう時期なんでしょうかね。
いや、それはそれということにして、良かったこの体験を大切にしたいと思いますよ。。

Warrior
Memories
The Body
The One
Corporate
The Room I Am In
Death Disco
Cruel
I'm Not Satisfied
Flowers of Romance
This Is Not a Love Song
Rise

-encore-
Public Image
Open Up (Leftfield cover)
Shoom



[PR]
by yo4san | 2018-07-08 00:19 | Comments(0)
<< ワールドカップも終わり PUBLIC IMAGE LT... >>