THE HOLY BIBLE

SONICMANIA 2018 2018/08/17

c0011327_20525902.jpg
今年はサマソニよりもとにかくこちらのラインナップが熱かったSONICMANIA。
NINとマイブラを同日に観れるとは余りの贅沢な構成。
最初のコーネリアスから観るために早めに現地入りしましたが、今年のメッセ内のエントランスオブジェは映像を扱えることになっているのでこうしてSONICMANIA仕様にできていました。
いつもサマソニのついで感が強い場内なのでこういうところは改善しているなと。
別売りにしているんですからそういう対応も重要でしょうね。

c0011327_20541426.jpg
トップバッターはコーネリアスで、ツアー内容そのままではありますが、メッセのこのサイズで観ると繊細なライブも空間には迫力も出ます。
ツアーもこなしてきて、さらに秋もまたツアーがありますが、このメンバーでの完成度は素晴らしくて、きっとBECKもコーネリアス観たさに来てるんじゃないかと思ったものですが、考えてみれば初日は大阪ですね。。
新曲とかもそろそろ聴きたいなと思い始める最近でした。
c0011327_20560801.jpg
自分としてはこれこそメインイベント、NINE INCH NAILS。
来日のたびに興奮がおさまらないほど盛り上がりますが、この日も直近EP3部作からの曲もガンガン入る序盤から、激しいライブに。
ある程度避けられないことですが、前方ブロックの客でいつものようにただ騒ぎたい、人にぶつかりにいく輩が多く登場しますので、被害を受けないようちょっと避難しつつ良い位置をキープしつつで、難易度は高い作業をこなしながらにはなりますが、素晴らしいセットリストでした。
c0011327_20562991.jpg
とりわけ印象に残ったのは、FUJI ROCKの時のようなステージで照明の陰影を使った演出を入れながらの「Copy of A」から、「Only」そして、デヴィド・ボウイの「I'm Afraid of Americans」の流れ。
写真の通りスクリーンに映像が投影されることはありませんがこのカメラマンの映像がサイドのスクリーンにずっと出ているので激しく動き回り、まるでバンドの一人かと思うほどトレントについて回るのが見た目に邪魔臭いなと思ったことはありましたが、ロビン・フィンクも存在感たっぷりにコーラスというかヴォーカルをとる曲もありますから、バンドには欠かせないメンバーになっているのがわかります。
本当に大満足なライブでした。もう一度単独を観たいと思うところでしたが、今回はこれでおしまいの来日に。。

Branches/Bones
Wish
Less Than
March of the Pigs
Piggy
The Lovers
Shit Mirror
Ahead of Ourselves
God Break Down the Door
Closer
Copy of A
Only
I'm Afraid of Americans (David Bowie cover)
Even Deeper
Gave Up
The Hand That Feeds
Head Like a Hole
Hurt

c0011327_20570919.jpg
そのままマウンテンにずっと残りつつMY BLOODY VALENTINE。
今回目立った活動もなかったと思いきや新曲があるらしいことを聞いていましたので、どんな感じかと思っていたところ、確かにあれが新曲だろうというのはありましたが、いかんせんなんの紹介もなければ、ライブはとにかく音が大きければ、ヴォーカルは聞き取りにくいという特有なバンドなので、実際のリリースを聴いてどうこうと思っていますが、色々な意味で相変わらずなところも良しで、NINのテンションの高さとはまるで違うアプローチですが、聴いた感がとてもある仕上がりになりました。
いつものNoise Pitは7分くらいのラストでしたね。

I Only Said
When You Sleep
New You
(New Song)
You Never Should
Only Tomorrow
Only Shallow
Thorn
Nothing Much to Lose
To Here Knows When
Slow
Soon
Feed Me With Your Kiss
You Made Me Realise


c0011327_20572046.jpg
MBVですでにおしていたので、電気グルーヴがなかなか始まらず、ソニックに移動してのUNKLE。
序盤数曲聴いて、最近の楽曲にしてもそうなんですが、ヴォーカルが登場することはなくて、ステージはジェームス含め3名のバンドで進む展開となり、好きな曲もやってくれつつも、これにどこかライブ感が物足りなかったのと、電気が結局観たかったということでもう明け方のメッセ、最後の元気を振り絞り電気に戻ることに。

c0011327_20580059.jpg
そうしての電気グルーヴはこのSONICMANIA登場回数も多いと思いますが、明け方というか朝にも上げられるという意味ではもう疲れ切った会場すら元気を出させる盛り上がりに。
単独のライブでも最近曲間のMCはなしにしていますが、ここではやっぱり「おはようございます!」が繰り出されました。

c0011327_20582597.jpg
そして吉田サトシのギター追加がありながら、ツアーに引き続き終盤またしても登場した日出郎。
「燃えるバルセロナ」では例のサビをたくさんのオーディエンスとリピート。
相変わらずの盛り上げ上手で、そのまま「人間大統領」までダンサーとして残りかなりのインパクトを与えたと思います。
その後、Twitterでそのあたり書いたら日出郎さんご本人からイイねとリツィートで驚き、それを書いたらまたというチェックぶりにも驚かされた人も自分だけではなかったはず。
こうして出し切った感じのSONICMANIA。
すでに明るくなって完全に朝でしたが、サマソニ初日開始まで数時間しかない状態ながら大満足でした。



[PR]
by yo4san | 2018-08-26 21:33 | Comments(0)
<< SUMMER SONIC 20... QUEENS OF THE S... >>