THE HOLY BIBLE

REEF @ duo MUSIC EXCHANGE 2018/09/06

c0011327_16014959.jpg
正直今週は色々ありすぎまして、ライブどころじゃないのでは?という話もあるのですが、まだ予断は許さないとはいえ状況が少し落ち着いてきたのもありますので、気持ち的な部分はさておき事実部分は抑えておこうかと。
月〜火は仕事都合で福岡に行ってまして、前週から警戒されていた台風21号がまさに四国関西で猛威を振るい、結果九州でも福岡は驚くほど晴天で、関空が大変なことになっていた状況下で着陸できるかという問題で東京への帰り便が危うく、結果前倒して乗れたので無事帰京できましたが、関西では本当に甚大な被害となっていたところ、最近気持ちの面で遠ざかっていた飲みに友人の店に行き、心強い励ましを受けつつ帰った水曜深夜というか木曜早朝という時間に北海道で非常に大きな地震が発生。全道で停電というひどい震災になったところで、復旧もままならない状況のなか、家族とは比較的早く連絡が取れたものの、この停電というのがことのほか生活にタメージが大きいことを痛感しつつ、自分も被災者のような気分に沈んだまま、スケジュールということで向かったREEFのライブになってしまいました。
人と話しをしていると気が紛れることもあるなと思いつつ、こんな時とはいえ気分転換は必須と割り切って。

c0011327_16015506.jpg
GWにロンドンで観ていましたので久しぶりということもないのですが、大きく違ったのがコーラス隊がいないこと。
この4名での元々のスタイルといえばそうなんですが、ソリッドなロックというステージになりました。
幸いこの会場特有の最悪な柱構造も柱を背に見ることができステージも近かったのですが、最初から「Naked」と飛ばす入り方。
ゲイリーのとてもドヤ感の強いパフォーマンスも登場時から終始笑顔で楽しんでプレイしていることからその表れかなと思いました。
「My Sweet Love」もゲイリー一人で歌うことになるので、ちょっと印象が変わりますが、日本に来たのはもういつ以来というバンドなので、お客さんの盛り上がりもよくて熱いライブだったと思います。
ロン・ウッドの息子ジェシーがギターということもあってかTHE FACESの「Stay With Me」がカバーされたりもしたアンコールでした。

c0011327_16020140.jpg
ロンドンで発売日にライブを観ているので予習が不可能だったこのアルバム。
さすがに何度も聴きましたので、すっかりセットリストに馴染んでいますが、やはりタイトルトラックはAC/DCかと思うほどのロックチューンで、ライブはもちろん盛り上がりますが、最初聴いた時は浮きすぎじゃないか?とも思ったものの、この振れ幅もバンドの面白さということなんだなと改めて感じています。
このバンドならフェスの大きめなステージでもかなりやれると思うのですが、昨今の洋楽不人気にはどうなんでしょう。
震災影響が頭にあってのライブという状況でしたが、このおかげで気持ちもつながった気がしまして、忘れられない夜になったように思います。

Naked
Stone for Your Love
I've Got Something to Say
Consideration
Don't You Like It?
New Bird
I Would Have Left You
Come Back Brighter
My Sweet Love
Lone Rider
Place Your Hands
Revelation
Don't You Like It
Precious Metal
Summer's in Bloom

-encore-
Stay With Me (The Faces cover)
Yer Old




[PR]
by yo4san | 2018-09-09 16:19 | Comments(0)
<< 見た目と内情はちょっと違った仕上がり 今節は3タテ >>