THE HOLY BIBLE

SPIRITUALIZED @ STUDIO COAST 2018/09/26

c0011327_00261139.jpg
9月ラストのライブは新木場でのSPIRITUALIZED。
アルバムリリースから間もない来日で、日本はこれのみということでしたから、しっかりと見届けたかったライブです。
オープニングアクトはTHE NOVEMBERSでした。

c0011327_00261798.jpg
整理番号は悪くなかったものの、一番前にはこの位置しか行けずさてどうしたものかと思いましたが、ジェイソンの顔を見たいという話でもないのでと割り切って、背中越しになること覚悟でこの上手はじに陣取りました。バンドは見渡せるし、コーラスの女性2名は完全に死角になりましたが、ジェイソンの足元はよく観察できました。
なぜいつもこうしてサイドに位置しているのかは不思議なのですが、座ってやるには理由がはっきりわかって、実に細かいペダルワークを終始やってるんですね。
いつもギターというのは派手なパフォーマンスでカッコいいを期待しがちなんですが、こういう音作りありきということなのかなと。
ジェイソンはなぜそんなヨレヨレのTシャツをと思うほど着古したMC5のシャツを着てましたが、その辺歩いてると誰かもわからなさそうな中年という気もしてしまいましたけど。。。
序盤に「Come Together」は出るわ、いわゆるお得意の宇宙空間モードに一気に突入。
もっと大きな音でもこのバンドならアリだったと思いますが、実に多重な音の空間を作ってくれます。
そして、「A Perfect Miracle」から気づけばニューアルバム全曲順番通りにプレイしていくではありませんか。
リリースから間もないこともあって、聴き込みきれてはいなかったのですが、全部やってるなというのはすぐわかるモールス信号投影でのアートワークとのシンクロでした。
アンコールに入ってからはまるでゴスペルコーナー。
「Oh Happy Day」などはまさにそうですが、この振れ幅も独特なライブをやってきたなと思う展開でした。

c0011327_00262286.jpg
130分ほどの長編ライブでしたが、それもこのアルバム全てをプレイするには必要な時間でした。
でも途中に組み込むのも意図があってということなんだろうなと想像していましたが、このアルバムの制作は相当苦労があったようで、ネタ切れ感を常に感じるタイプの人のようなので、もうアルバムは作れないかもと現時点では言っているようですが、これだけのライブを見せるにはこうした構成があってこそなので、時間はかかっても次があると楽しみにしたいバンドですね。
アルバム単位で聴かせることが難しい世の中になりつつある中、suedeもそうですが通しで聴きたい作品というのは誰でも作れないものなので。
昔レディングで大轟音で驚いたバンドの一つですが、フジロックで青空の下なんていうのが本当は良いバンドなのではとも思います。
そんな未来を楽しみにしておきたいと思いました。


Hold On
Come Together
Shine a Light
Stay With Me
Soul on Fire
Broken Heart

-And Nothing Hurt -
A Perfect Miracle
I'm Your Man
Here It Comes (The Road) Let's Go
Let's Dance
On the Sunshine
Damaged
The Morning After
The Prize
Sail on Through

-encore-
So Long You Pretty Thing
Oh Happy Day
Hold On (Reprise)



by yo4san | 2018-10-02 00:46 | Comments(0)
<< 震災後初の帰省、そして勝利。 強みがわかってる >>