THE HOLY BIBLE

震災後初の帰省、そして勝利。

c0011327_22261827.jpg
すっかり更新が遅くなりましたが、9月末に震災後ということになりますが、帰省してきましてコンサドーレを観てきました。
3月は帰省はしたものの、肝心の試合の日に予定が被り試合を断念。
地震影響が気になりながらもまずは金曜の前日練習で白い恋人パーク。
天皇杯で負けた直後でチャナティップは怪我のため全体練習は不参加、ゆっくり目に行って開始時刻から1時間は経過していましたが、ミーティングを長くやっていたのか、ピッチ練習開始前に到着となりましたが、リカバリーメンバーは軽いパス回しをやっただけで終了。
標準トレーニングがどうなのかわかっていない今シーズンですが、観た限り戦術面での相手鳥栖を前提になにかという感じはあまりなくて、ミシャ監督もいましたが指揮をとるのはほぼ四方田コーチでした。
稲本、都倉からユニフォームにサインをもらったのをはじめ、ほかの選手からもかなり獲得できまして、ここに写ってる小野伸二、菅野、福森、三好の他にもソンユン、ミンテ、河合、早坂など、本当にたくさんの選手からもらえましたが、元マリノス兵藤は他の選手とタイミングが重なりもらい損ねました。。。
ミシャ監督とは一緒に写真も撮らせてもらい、社長からもサインもらったりと。
c0011327_22262596.jpg
そして翌日9/29の札幌ドーム。
前日は時折雨模様でしたがこの日は快晴。
トーレス加入の鳥栖が相手ということと、今シーズン地震後は天皇杯含め公式戦3連敗中ということで、是非とも勝ってもらいたい試合でした。

c0011327_22264376.jpg
意表をついて宮澤をCBにいれたコンサドーレ、都倉がベンチスタート、チャナティップが欠場。
ACLに向けてそして震災後の初勝利をなんとかと思いを込めて。
北海道150年記念ユニフォームの最後の試合でもありました。
ISHIYAロゴが新鮮です。
c0011327_22265032.jpg
鳥栖はトーレスが目立ちますが、金崎もいて、元マリノスの小野裕二もいて、GKは権田とタレントは豊富。

c0011327_22265827.jpg
前半これが最大の決定機でしたが、ジェイがまさかのPK失敗。
これを決めていればもっと楽な展開になりましたが、ある程度主導権は握りつつも前半はスコアレスで折り返し。

c0011327_22270931.jpg
後半三好が加入後初ゴールで先制してからは出入りの多い展開に。
宮澤はよくラインをコントロールしていたと思うのですが、前線がなかなか協力でしたので連携こそイマイチですが、突破力はありました。
終盤どうにか同点にと押し込んでくるところ持ちこたえきれず、もうまもなくアディショナルタイムというところで失点し同点に。
でもこの日は運も含めなにか違いました。
ジェイに代わって入っていた都倉がアディショナルタイムでPK獲得。
どうもボックス外ではという話もあったようですが、放送見てないのでメインスタンドからはPKに見えました。笑
最後まで諦めない男、都倉がPKを決めて劇的勝ち越しによる勝利でついに連敗が止まりました。
c0011327_22273378.jpg
前日150年ユニにサインをくれた都倉がヒーローインタビュー。
ジェイの失敗があったので緊張したというコメントでしたが、本当に勝って気持ちも最高な帰省になりました。

c0011327_22273823.jpg
今回は週末に1日足しただけでしたから、友人ともそう多く会えず、慌ただしく帰ってきましたが、またしてもの台風に向かうように帰ってきたものの、ここでも幸運に雨にも当たることなく帰着しましたが、その後の大嵐は本当にすごかった。
今年は本当に自然災害が多くて、マンション隣の大木も根本から倒れていた朝でした。。。
北海道のほうも停電からは回復していますが、地味に直前の台風の影響があるようでいたるところに巨木の倒木が目立ち、こういうのが後回しになってきたんだろうなと想像させるものでした。
震源地周辺には行ってませんし、液状化等のエリアには行ってないので、ひどいところを見てはいませんが、台風影響以外はいたって普通の札幌に見えたという感じでした。
短い実家滞在中、移動中、またしても来日の決まったポール・マッカートニーのニューアルバムをよく聴いてましたが、本当にまだまだいけるフレッシュ感が恐ろしいポールです。
来日公演がちょうどUKからの帰国直後で間もなくに迫ってきました。
いろいろとうまくいかないことだらけですが、ライブの時間はそういうのも忘れられて大事な時間になっています。
気にしてくれる友人たちには変わりない関係に引き続きの感謝です。




[PR]
by yo4san | 2018-10-08 22:50 | Comments(0)
<< この対戦は避けられない SPIRITUALIZED @... >>