THE HOLY BIBLE

INTERPOL @ 赤坂BLITZ 2018/11/06

c0011327_16102973.jpeg
11月に入り今月は来日ラッシュで見送ったライブも多数という月ですが、スタートは赤坂BLITZでのINTERPOL。
13年ぶりとかいう単独来日ですが、雨の中仕事をさっさと終わらせ向かいまして整理番号が良かったものの、あまり前にいても1時間スーツ姿は結構しんどいなと思い、真ん中の柵に寄りかかって待機しようという位置どりで待ちました。
今回”も”と言ってしまうと悪意があるようになってしまうのですが、名作「Turn on the Bright Lights」再現ライブという企画でして、新作リリース直後の割にそういうツアーにするのかと。。。HOOBASTANKパターンですね。

c0011327_16103352.jpeg
そうして始まったライブは前半にアルバムそのまま曲順通りという展開なので、照明もイメージカラーをベースに赤、赤、赤。
かつてはJOY DIVISIONに比較されたことも多かったバンドだけに、いかにもポストパンク的な良さや暗さの対比による美しさという表現が良いのですが、ポールのヴォーカルはおや?と思うほど不安定かつ揺らぎまくりの前半でしたので、そういう人だったろうかとは思いながら、そこを気にしなければ特性は十分引き出されていたライブでした。
前のほうはギターアンプの出力が強かったのか、轟音といったSNSコメントが目立ちましたが、決してそういう音のバランスではなくて、世界観をうまく捉えたまとまりの良いサウンドでした。

c0011327_16103724.jpg
インターミッション後の後半は新作の曲からという展開になりましたが、いまこうしてリリースしたアルバムにもっとフォーカスしても良いのになと思ってしまったのはいつもの通り。ただそう何度もツアーやってられないでしょうし、全曲どうせやるわけでもないからという話なのでしょうか。
散々この手の再現ライブいって楽しんでいるくせにと自分ながら思うのですが、最新モードがあるならそこを全面に出してもらって今の良さを見せつけてもらえるバンドだと思うので、間隔あけずにまたきてくださいねということで。

-Turn on the Bright Lights-
Untitled
Obstacle 1
NYC
PDA
Say Hello to the Angels
Hands Away
Obstacle 2
Stella Was a Diver and She Was Always Down
Roland
The New
Leif Erikson

-encore-
Not Even Jail
All the Rage Back Home
The Rover
If You Really Love Nothing
Lights
Number 10
NYSMAW
Slow Hands
Evil


[PR]
by yo4san | 2018-11-11 16:23 | Comments(0)
<< BLOSSOMS @ WWW ... 変わったこと、変わらないこと >>