THE HOLY BIBLE

SUNFLOWER BEAN @ SPACE ODD 2018/11/13

c0011327_14301475.jpeg
11月は来日ラッシュという状況のせいにしつつも、単に更新が面倒に感じるくらいPCに向かいたくないという気持ちからつい後回しになっていますが、今月観ているライブはどれも素晴らしくて、こんなに満足度の高いことも珍しいのではというほどです。
もう12月も見えつつの今ですが、誕生日前日だったSUNFLOWER BEANです。
SPACE ODDのサイズはどうかという話ですが、このバンド3年くらい前にサマソニで初めて観て、ポストパンク路線のオシャレめという印象でした。
今年3月に出た2ndアルバムを買ってみて、ここでは書いてないかもしれませんが、キャッチーな曲が多くサウンド面では割とストレートなロックに近づいた印象でしたが、ライブとなるとどうなるのかと思って気になっていました。
整理番号が30番くらいだったのですが、到着時にすでに呼び出しは終わってましたので、狭いハコで後ろはなぁと思いつつ、案外前のほうにスルッといけまして、来日単独公演は初めてのこの場を待ちました。
c0011327_14301910.jpeg
ライブとしてはこれが驚くほど熱いロックに成長、変貌していました。
サンローランのモデルをやってるくらいのヴォーカルのジュリアですから、サマソニの印象が納得感あったのですが、ライブとしても場慣れしている感はたっぷりでしたし、非常にエモーショナルにロックをぶつけてくる表現に力強さがあり、3ピースのコンパクトさも今のソングライティングの方向性に合ってる感じですし、ニューヨークでこれが売れるとは思いませんが、こんなに楽しいロックになって戻ってくるとは嬉しい限りでした。
今年はWOLF ALICEの大成長といい、女性だからとか見た目良しというのはあったとしても、実力的に驚かされるバンドが出てきていて、見事にハマっている感じがします。
ニックのギターテクニックも前回サマソニでそこまで印象なかったのですが、かなりスキル的にも向上していて、ジュリアだけのバンドにも感じさせないあたりがバンドの良さとして大きく見えてきた理由かもしれません。

c0011327_14302327.jpeg
終了後出際でPAのところにいたスタッフからセットリストもいただきましたが、良い誕生日前祝いになったような気持ちで充実感いっぱいの帰り道でした。
こうして驚きも伴うのが新人フォローの止められない部分じゃないかといつも感じます。

c0011327_14302734.jpg
そうしてこの転機とすら感じるアルバムですが、3人とも22歳という状況を捉えた作品ということなのですが、ニューヨークで流行る音楽では全くないと思いますが、ロックファンにはライブもセットでかなり知ってもらいたい作品だと思います。
最近どんどん洋楽のライブもハコが小さくなってきていながらチケットの価格も上がってきているという状況ですが、こうしたバンドがちゃんと来てくれる東京じゃないと住んでいる意味もなくなってくるなという危機感ばかり感じるところで、新人だろうとロックがちゃんと好きな人に届き売れてもらいたいなと思って止みません。




by yo4san | 2018-11-25 14:53 | Comments(0)
<< 今年の誕生日はCOLDPLAY BLOSSOMS @ WWW ... >>