THE HOLY BIBLE

THE PROFESSIONALS @ WOMB 2018/12/05

c0011327_15082222.jpeg
当初はもう年内ライブは無い予定だったのですが、たまたま3Aで申し込んでみたTHE PROFESSIONALSのインビテーションが当選となり、せっかくなのでと行ってきました。
THE PROFESSIONALSで40周年とか言われても、実質そのうち35年くらい活動停止状態だと思うので、そういうのもちょっと違うしねという感じだったり、このラインナップにはポール・クックこそ入ってますが、スティーブ・ジョーンズは不参加というのもあったりで、秋にしれっと来ていたグレン・マトロックもそうですが、あまり前のめりではなかったのですが、6800円のチケット代がゼロなら行かない手はありません。
久しぶりにWOMBです。THA BLUE HERB以来かな?
入ったところロッカーのあたりで今回ベースとして参加しているTOSHIさんを見かけ、この手のは非常に奥手なもので見守るだけで入場し、ちょうどオープニングアクトが始まったところで、最初は聖飢魔IIかと思う見た目でしたが、京都の流血ブリザードでした。笑
音楽性云々とは別次元で行ききったスタイルなので、ある意味面白いし、ちょいちょい挟まれるMCが金爆的な面白さもありまして、地味にウケていました。
終演後物販のところにみなさんいまして、隣でポール・クックからサインもらっているところで、とても良い人そうな会話が聞こえてきたのも好感度アップでした。
どういうつながりあるのかと思えば、PiLやTHE PROFESSIONALSも出たらしいカムデンロックスに今年出てたみたいですね。
c0011327_15082938.jpeg
そうしてのTHE PROFESSIONALSですが、PISTOLSからジョニーが脱退後に出てるようなシングルの延長以外は、ほぼ聴こうともしてこなかっただけに、予習もしてなければ曲も知らない状態でありましたが、ギターになんと3 COLOURS REDのクリス・マコーマックがいるじゃありませんか。
2008年のPISTOLS来日でポールを最後に見ているよりも前の印象のせいか、とても懐かしく感じたものでした。(順番がどこか変ですけど)
ライブのほうはというととても直球のロックな感じですから、親しみやすいもので、これを無料で見てしまえる幸運に感謝しました。
「Silly Thing」がPISTOLSの曲なのかというどうしてもジョンありきの自分には、むしろ「Bodies」をアンコールにプレイされるよりしっくりきたし、せっかくなら「Black Leather」のほうが聴きたかったとか思いましたが、十分楽しめました。

c0011327_15084954.jpeg
終演後CDがもう売り切れだったということでレコード買ったところサイン会あるというので、みなさんからいただきました。
シルバーのペンなので写真だと非常に見づらいですが、上にはポールから名前とともに書いてもらいまして、今年はジョンとの大阪での対面といい、こういう縁があるのかもと思うと、それでも引っかからなかったグレンってやっぱり凄いなと。笑
PISTOLSの楽曲への貢献度でいうとグレンはすごいのはわかってながら、グレンのライブには興味が無いというこの感覚、うまく説明できないのがアレなんですが。。
そんなこんなでラッキーも重なりこれで年内ライブ納めのはず。

そうして今年もジョン・レノンの命日を過ぎ、寒さも急にやってきて、来週末は札幌に出張ついでに帰省予定ですが、体調に注意しての年の瀬ですね。
とにかく来年は仕事の環境を変えることを決意したし、日々良いイメージの中で時間を使っていきたいと思います。
自分には珍しく掃除もそこそこやって、年賀状も手配までしたので、今夜は安心して飲みに行こうかなと。

Payola
Northern Slide
Good Man Down
Join the Professionals
Going Going Gone
Silly Thing (Sex Pistols cover)
Rewind
Exremedura
Just Another Dream
Bad Baby
Monkeys
Lonely Boy
Hats Off
Kick Down the Doors
Let Go
1-2-3
Little Boys in Blue

-encore-
Bodies (Sex Pistols cover)
Crescendo / Take Me Now / Alibi




by yo4san | 2018-12-09 15:38 | Comments(0)
<< 年末らしく振り返り 今シーズンも終了。来年に向けて... >>