THE HOLY BIBLE

年末らしく振り返り

c0011327_20051396.jpg
今年は今月中旬に出張ついでに帰省したこともあって、年末年始の帰省は2年連続無しとしまして、9連休なのにほぼ自宅にて買い溜まったBlu-ray観たり音楽聴いたりの過ごし方となりました。
この大晦日はサンディエゴに住む元部下が一時帰国中ということで会いに出ましたが、基本は自宅から出ずのんびりのつもりです。
まとめるほどの過去形にもできないほど仕事環境への不満が絶頂に到達したことで、いろいろと思うところも動き出したことがあった程度でプラスに進んだことがあまりにもなく、ここ3年ほど時間を無駄にしたなという結論だけは出ました。
仕事は数年分記憶から消したいほど理不尽なことだらけだったと思う反面、プライベートというか仕事以外はとても充実した年になったと思います。

たくさんの来日公演では満足度の高いライブがたくさんだったし、今年はGWにリーズ、ロンドン、カーディフとまわってのMANICSのニューアルバムでのアリーナツアーもあったし、秋にはマンチェスター、ロンドンとU2を観て、グラスゴーではリチャード・アシュクロフトと、なかなか無い体験の連続があったし、なんといっても夏にはPiLの来日で大阪では奇跡のような1番入場にジョン・ライドンとの対面までついてきました。
96年の札幌で、自伝にも掲載されている写真から22年経って、また同じ写真に入ることができるとはという強運に恵まれたのは今も鮮明な思い出になっています。年末にはポール・クックにも会えましたしPISTOLSイヤーとも言えました。
ここまでの充実した体験はなかなか今後できないと思いますが、それもMANICSがThis is my truth tell me yoursの20thアニバーサリーツアーを発表しファイナルとなるカーディフキャッスルに来年行くことも決めて、おそらく来日もという状況から楽しみが続くことにもなり、こうも毎年MANICSのツアーを経験しているような状況は嬉しいことだなと。
リイシューも当然聴き込んでますが、Nobody Loved Youがシークレットトラックに入る面白い仕掛けもあったので、ライブはその順でプレイされるのでしょうか。
バンドでは一番売れたアルバムであり、内容はかなりエモーショナルでニッキー一人だけでの詩の世界となった節目の作品だけに感慨深く聴けるんだろうなと今から楽しみです。

この数日でようやく聴けたアルバムとかもあるので、今年印象に残った作品まとめは年明けにと思っていますが、今年も音楽と映画には本当に救われてきたし、エンタメなくは生きているのも息苦しい毎日でしたが、映画では色々な人に勧めまくった「カメラを止めるな!」が凄かったし、マーベル関連もどれも楽しんだし、たくさんの映画を観れて良かった。
今年は時間の使い方は意識したので、アート方面にも時間を使えたのでアーティストの方とも接する機会もあったりで刺激を受けたのも来年以降の自分に必ず影響あるだろう感触もあって、そうした環境を自分で作るしかないなと思っているところです。

アーセナルはここ数試合苦労していますが、コンサドーレが4位への大躍進。都倉の移籍は残念ですが、来年も攻めまくってほしいし、結果的にはひどかったマリノスも来年巻き返しを期待しつつ、来年もたくさんの試合を観れたらと。
そういえばアーセナルということではGWは前シーズンのホームラストゲームでヴェンゲルの最後も観れたし、新ヘッドコーチのエメリ就任後のレスター戦もという節目も立ち会えましたね。

そんなこんなで本当にたくさんの素晴らしい瞬間を目撃できた一年でした。

by yo4san | 2018-12-31 20:34 | Comments(0)
<< 2019年初めに昨年の名作振り返り THE PROFESSIONA... >>