THE HOLY BIBLE

2019年初めに昨年の名作振り返り

c0011327_20335257.png

新年最初といいつつ9連休最終日の更新となりました。苦笑
この連休は基本的には自宅で過ごしていたので寒い日が時折あった東京ですが、のんびりひたすら映画やドラマBlu-rayを観て過ごしました。
最初9連休を特に予定もなくということになると、時間を持て余すのではと思いましたが、結果的にはまだまだ足りないというくらいの感覚で終了となりました。。

昨年は本当にたくさん良いライブを観れてよかったのですが、その基にもなるところで相変わらずフィジカル派で通している環境下でも素晴らしい作品が多くあったなと思います。
聴いた回数的に下記が印象的だったと思います。

GORILLAZ / The Now Now
MANIC STREET PREACHERS / Resistance Is Futaile
MUSE / Simulation Theory
SUPERORGANISM / Superorganism
FRANZ FERDINAND Always Ascending
PALE WAVES / My Mind Makes Noise
SUEDE / The Blue Hour
MGMT / Little Dark Age
PAUL McCARTNEY / Egypt Station
BLOSSOMS / Cool Like You
RICHARD ASHCROFT / Natural Rebel
BOY AZOOGA / One Two Kung Fu
PRIMAL SCREAM / Give Out Don't Give Up The Original Memphis Recordings
ALICE IN CHAINS / Rainier Fog
RAZORLIGHT / Olympus Sleeping
THE CORAL / Move Through The Dawn
GAZ COOMBES / World's Strongest Man
SUNFLOWER BEAN / Twentytwo In Blue
PEACE / Kindness Is The New Rock And Roll
THE VACCINES / Combat Sports

ざっと挙げてこんなところだと思いますが、SUEDEは変化も加わった新作が良かったし、MANICSは素晴らしいアルバムとツアーがあって、TIMTTMYも20周年リリースがあったり、DAVID BOWIEはライブアルバムリリースがたびたび良かったしという中で、WOLF ALICEに続いて女性ヴォーカルのバンドにハマることも多かったし、GORILLAZは本当に何度も聴きましたが、リリース前の来日公演での全曲ライブも最高だったし、と、充実した一年でした。

終盤はBohemian Rhapsody影響でQUEENもよく聴き返しましたが、直近のリリースで印象的だったのがTHE1975の3rdアルバム。
前作は壮大ながら、どうも頻度では聴かなかったなという感触で、作り込み過ぎるとポップさが活かされないのではと感じていた部分を解決してくれたような気がするところです。
どうやら続編的アルバムとセットということでスケールとしてはむしろサイズアップしている訳ですが、個々の楽曲の仕上がりが予測をさせない驚きをもたらす感覚した。

今年も音楽を楽しめる一年になることを願いつつ、また明日からの生活に向かっていくというところで、久しく強調してこなかった「デストロイ魂」でパワーをうまくぶつけていきたいと思っています。



by yo4san | 2019-01-06 21:10 | Comments(0)
<< ようやくの週末にとりとめなく 年末らしく振り返り >>