THE HOLY BIBLE

2016年 05月 30日 ( 1 )

PUBLIC IMAGE LTD @ TramShed, Cardiff, Wales 2016/05/29

c0011327_14285066.jpg

今回のカーディフ最後の夜はPiLということで、昨年日帰りだったカーディフも3日目となるとかなりわかってきたつもりだったのが、会場は歩いて10分とかからない場所と判明。
たまたまミレニアムスタジアムから西の方向には一度も行ってなかったので気づくわけもないのですが。。
19時半の開場だったので、19時前には到着して並びだしたところレコードバッグをさげた強者風なパンクオヤジ(といってももしかすると年下かも)が先頭をきり5番目くらいの位置につけて幸先良好と。
入場後すぐさまステージに向かい先頭で柵につかまり真ん中を確保。
でもスタートが21時と通知されていたので長い待機に。。

c0011327_14291854.jpg

オープニングアクト無しの1時間半待ちは結構退屈しましたが、隣にいた真っ赤な髪のおばさん(と言っても年下かもしれません)が話かけてきたので、その子供も含め談笑し時間を過ごしつつ登場した我らがジョン・ライドン先生。
もう体型に驚くことは前回来日でなくなりましたが、今度はメガネもしているところから、きっと老眼がひどいと勝手に想像。
パンクの神にもどんどん経年変化が訪れるわけですね。

c0011327_14295976.jpg

あまりにステージが近く全員が一度のフレームに入らないほど。
今回は前方のモッシュがすごくて、カメラをのんきに構える余裕もなく、全部iPhoneでなんとか。。。という状況でした。
とにかく後ろの連中が半端なく暴れるのですが、それもみんなかなり年齢高めのおっさん。
今回のUKツアーはほとんどソールドアウトしていて人気は相変わらず高いのですが、昨今日本の若者のただストレス解消と思えるここぞとばかりにぶつかりに行く行為は決して日本だけではないのだと思わされました。。

c0011327_1430304.jpg

ルーが小型扇風機のようなものでピックを回転させ使っているシーン。
PiLはここ数年メンバーも固定ですが、技術的には本当に安心して聴けるバンドになっていて、そういう意味でもジョンにばかり目がいってしまうのかもしれません。

c0011327_1431490.jpg

「Rise」で一度区切りになるわけですが、「Anger Is An Energy」のリフレインは壮絶な盛り上がりの中大合唱されていて、もう終わりが近づいた感とともに、ようやくこの激突の痛みから緩和されるぞと。。

c0011327_14313733.jpg

アンコール最後に「Open Up」は想像ついていたので、寂しさを感じていたところ、いつの間にか曲が変わったと思えば「Shoom」でしめる展開が定番のようです。
主要曲は固まっているものの、毎回少しずつ新曲による変化がありますね。
「Chant」とかも聴きたかったのですが、きっとまたチャンスがあると思いたい。

c0011327_1432129.jpg

で、セットリストを必死にもらい、ラッキーな記念品にできたで終わらなかった今回のライブ。
もともと近いし一人だしあと何も無いしで、出待ちするつもりだったのですが、会場裏の駐車場のゲートのところにいったら、一番乗りで開場待ちしてたパンクおじさんがいて、レコードごっそり持ちつつ何人も待っていました。
心細く待ってたら話かけられて、誰からサインもらいたいかで、全員だけどジョンが特に。。と答えると「わかった、チャンス作るから」みたいなこと言われ、バスに人が向かうたびに「あれはマネージャーのランボだ」とか「サウンドエンジニアの・・・」みたいな解説もくれ、親切にも遠くから向かってきたスコットが見えたようで、私は逆光で全然顔がわかりませんでしたが、「今声かけると来てくれるよ」というので「スコット!」と呼ぶと本当に来てくれるわけです。
柵越しなので写真とかお願いする余裕もなくレコード手渡しサインをもらうという繰り返しを、スコット、ルー、ブルースの順で1時間半以上待ってる間にこなし、あとはジョンというところでもう1時くらいになってましたが、無事獲得した成果がこれですね。
もっとたくさん持ってたのですが、全然余裕なかったし、今回はこのアルバムのツアーだしなと思って、身体の痛みとともに思い出深い仕上がりとなりました。
左にジョン、右は上からスコット、ルー、下に薄く見えるのがブルースという感じです。
ルーがサインなのか似顔絵なのかというのはありますが嬉しいです。
隣にいた人はセットリストに書いてもらっていて、なるほどその手もあったかとは思いましたが。。
今回日程も短くライブも少ないという中ですが、しかもイングランドでもなくウェールズでこれだけの体験は、また貴重な経験となりました。


Double Trouble
Know Now
This Is Not a Love Song
Bettie Page
Deeper Water
Corporate
Death Disco
The One
The Order of Death
Tie Me to the Length of That
The Body
Warrior
Religion
Rise

-encore-
I’m Not Satisfied
Open Up / Shoom
[PR]
by yo4san | 2016-05-30 14:59 | Comments(0)