THE HOLY BIBLE

2018年 10月 31日 ( 2 )

リチャードのサインだらけ

c0011327_01202317.jpeg
帰国して洗濯からスタートした早朝からの最後の休日でしたが、いくつか届いてた荷物で海外からが二つ。
心当たりは一番発送が早かったRICHARD ASHCROFTのニューアルバムで、もう一つはRAZORLIGHTだろうと思って開封したら、まさかの両方リチャードという衝撃。苦笑
いくつもあっても特はしなさそうですが、アナログ盤のサインは省略形のないフルネームでこういうのあるのねと思ったのが、今回のライブで配られた星。

c0011327_01203662.jpeg
TwitterでもライブMCの流れを汲んで「CATCH」について触れていたリチャードですが、こんなものが配布されていました。

c0011327_01203033.jpeg
裏面には省略形のサインが。これCDのブックレットにも入ってるので間違いなく本人のものなのですが、それを証明するかのようにそのTwitterで写真も上がっていて、あれだけのレジェンドもこんな細かい仕事やるんだなとある意味不思議な気分にとらわれたところでした。

そんなところでようやく全部のアルバムで聴けたわけですが、もうこれでソロの路線は本当に明確になったしハッキリした作りというのが最初の印象。
THE VERVEの「Urban Hymns」ももともとはソロで作ろうとしたというくらいなのでそのイメージこそ彼のソングライティングの意識する先なんだなと思わせる作品にも感じますし、いろいろ現地メディアでは批判も出てるようなのですが、ファンにはこういうほうが概ね受け入れられるようにも思いますし、BBCでのインタビューについても、ファンほど「調子よさそうだな、レジェンド」的な反応なので、さすがマッド・リチャードというある意味本領発揮時期じゃないかとすら感じます。
すでにライブでも体験していましたのでより鮮明に聴くこともできたし、時差のせいなのか移動疲れなのかフワフワしていた1日でしたが、今回の渡英を振り返るにも良い作品になりました。

明日からまた通常営業ですが、いろいろ今回考えもまとまってきたし、自分をどう作っていくか、そんなこともリチャードから刺激を受けた気がします。


[PR]
by yo4san | 2018-10-31 01:30 | Comments(0)

THE LOVELY EGGS / MUSH @ SCALA, London, England 2018/10/28

c0011327_00593562.jpeg
ロンドン最終日だったこの日は元々は帰国準備もあるだろうしと夜は予定入れてなかったのですが、移動が多いスケジュールだと適宜整理がされていたこともあって、何か締めくくりを入れたいなと思って急遽近所で行けるしということで前情報ほぼ無しで当日券で入ったSCALA。
ここはASHのサウンドチェックに入れてもらった思い出深いハコなので、そんなことを思い出しつつというイベントになりました。

c0011327_00594202.jpeg
実はメインアクトよりこっちを観てみようと思ったのがMUSH。
まだアナログでシングルを2枚目を出したばかりという新人でリーズ出身とか。
YouTubeを見てどこかWIREを感じさせるポストパンク的なアプローチかなという期待でした。
ステージングという意味では左のヴォーカル兼ギターが中心なのはよくわかりますが、フロント3人は見た目もよくポテンシャルは高そう。
右のギターの子がかなりのイケメンなのですが、まるでロック感のない普通の雰囲気なのが開発されていくと良いなと。
ドラムだけなぜこの人なんだろうかという疑問はぬぐえませんが、いつかきっとメンバーチェンジもあるだろうくらいの見守りで、ソングライティングはほぼ左アフロなので、今後に期待するバンドとなりました。

c0011327_00594630.jpeg
終了後右のギターイケメンに声かけてセットリスト欲しいと言って左アフロのところのをくれたら手書き。
実はこの日の朝、ライブ用のドラムキットの手配ができてないから誰かレンタル業者教えてという不安なツィートもあったのですが、無事ライブはできて良かったですし、このあとその出しているレコード買おうと物販行ったらセンターにいるベース君がいて、良い音楽だねと言ったら喜んでくれていたところに左アフロ君が登場し、知り合いの女子たちに囲まれご機嫌という対照的なバンド内キャラもまたロックを感じさせる人間模様でした。
右ギターイケメンがあまりに普通の子でまるでスター感を出そうともしないのが、性格もあるのでしょうが、マネジメントがつくと変わるんでしょうかね。

c0011327_00595236.jpeg
これですでにそこそこ来て良かった気にはなってたのですが、続いてはスタンドアップコメディのRob Autonが登場。
こちらもYouTubeでは見たのですが、グラスゴー出身らしいですが、かなりウケていた。
残念なことにところどころ自分の英語力では拾えずわからない部分もありますが、グラスゴーで今回苦戦したほどの辛さではなくなんとか楽しめました。
そんな合間に隣にいた客から「MUSHどうだった?ビール飲んでるうちに終わってしまってて」と聴かれ、ポストパンクでWIREっぽい感じで好きだけど、まだまだこれからみたいな話をしたら、そうか観たかったなというやりとりに。
よくあんな気軽に知らない人にも話かけるなといつも思うのですが、フレンドリーなんですかね、土地的には。
そうしてメインアクトとなったTHE LOVELY EGGS。
かつてシングルのプロデュースにグリフ・リースがやってたことで名前だけ知ってたレベルですが、YouTubeだとかなり軽い音のスカスカパンクかなと思っていたのですが、これが案外ライブだとギターリフが目立ち、ロックな色が強く出ます。
歌詞はまぁ推して知るべしかなという感覚ですが、ベテランなのでステージ慣れもしていますし、楽しめるライブでした。

こうして今回滞在最終日も無事打ち上がり、翌早朝帰国に旅立ちまして無事帰りつきました。



[PR]
by yo4san | 2018-10-31 01:18 | Comments(0)