人気ブログランキング |

THE HOLY BIBLE

<   2018年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

電気グルーヴ @ ZEPP TOKYO 2018/03/17

c0011327_20292028.jpg
電気グルーヴのツアー「クラーケン鷹」の最終ZEPP TOKYOです。
大阪1回、東京2回でツアーと呼ぶのかとは瀧さんのMCでもありましたが、撮影収録のあった日なのでいつかリリースされることを楽しみにしつつ。。
整理番号が悪かった割に、比較的前のほうに行けまして、近くで見ることができました。
「Fallin' Down」からスタートしたライブでしたが、珍しい曲としては「March」があったり、卓球さんのソロから「flight to Shang-hai」が入っていたことや、「ガリガリ君」ではかなりアレンジを変えていて印象的でした。
ただやはり話題になったのはアンコールだと思うのですが、Twitterで絡みが多いなと思ってはいましたが、日出郎さんが登場し「燃える!バルセロナ」をプレイ。
驚くほどステージ映えしていたし妖艶さが電気と相まってとても盛り上がりましたね。
電気のお二人は日出郎さんがプレゼントしたらしいお尻丸出しのパンツで登場し、ギター参加の吉田サトシさんと賑やかなステージでした。

c0011327_20292396.jpg
ツアーやるといっても最近のリリースはこのシングルだけのデビルマンの主題歌。
クラフトワーク風のビジュアル演出と合わせて映像も良かったですね。
ずっと絶えずリリースなりライブを続けてきているのがパワフルだなと驚きますが、この日ばかりは日出郎さんのインパクトが凄かったような気もします。。笑

Fallin' Down
Missing Beatz
プエルトリコのひとりっ子
いちご娘はひとりっ子
March
トロピカル・ラヴ
Slow Motion
顔変わっちゃってる。
The Big Shirts
flight to Shang-hai
ガリガリ君
SHAME
SHAMEFUL
B.B.E
Upside Down
モノノケダンス
MAN HUMAN
Baby's on Fire
柿の木坂
猫夏
ユーフォリック
CATV

-encore-
燃える!バルセロナ (with 日出郎)
人間大統領


by yo4san | 2018-03-19 20:41 | Comments(0)

STARCRAWLER @ SHIBUYA O-NEST 2018/03/07

c0011327_20023765.jpg
たしかこの日はJETの来日と被っていたと思うのですが、話題度とそのパンチ力は圧倒的にこちらだったであろうSTARCRAWLERの来日公演。
なにやらごった煮感が強いガレージロックに、ライブパフォーマンスがかなりやんちゃという前情報の理解でしたが、たしかに見てまたこのバンドが話題になるのもよくわかるというライブでした。
音の面では決して上手い人たちではないのですが、その存在感と盛り上げ方がバンドスタイルしてできていて、とにかくヤンチャなヘンリーが狭いステージを所狭しと暴れまわり、アロウは時に睨みつけるように、時に遠くを見つめ自らの世界に没頭しているようなパフォーマンスでした。

c0011327_20024101.jpg
前評判通り確かに存在感が凄まじいアロウ。
血糊を終盤ちゃんと目視しきれない前方の盛り上がりでしたが、途中彼女の口に含んだ水を浴びせられたところで、うっかり口でキャッチしてしまうハプニングもあったり、ブリッジして見せたりとまぁ目が離せません。
音はかなり走り気味のバンドでしたが、余計にこのライブには合ってたようにすら思いました。
c0011327_20024580.jpg
ヘンリーは何度か客席きましたが、終盤のこれであやうく蹴り飛ばされそうになりましたが、最近こんな元気なバンド少ないですし、それがまさかLAから登場するとは本当に意外です。
きっと北米で売るのは相当大変だと思うのでヨーロッパということになると良いなと思うのですが、「I Love LA」というシングル出してたりするくらいなので、イメージとかそういうのすら御構い無しなのかもしれません。
どうも掟ポルシェさんが目の前で観ていたようで、twitterでもこの日のライブは大騒ぎになってたように思います。
みんなすごいもの見たなという感想じゃないですかね?
最初のシングルをアナログで買ってからのついにの来日公演でしたが、この先も忘れないUSバンドになりそうな予感です。

c0011327_20163954.jpg
そうして改めてこのデビューアルバム聴いてみても、まぁごった煮感はやっぱり強いガレージロックで、狙ってこう作りましたというより、勢いとパッションを投入したら結果こうなりましたという仕上がりなんじゃないだろうかというほど、計算は感じられないロックなのですが、だからこそのインパクトだし、ライブ行かないとこの先に生まれる世界には到達できないなと思わせられるものです。
決してただキワモノということにはならない本当に不思議なバランスがあるので、今回見逃した方、ぜひライブある時行きましょう。。


by yo4san | 2018-03-19 20:19 | Comments(0)

THE AMAZONS @ SHIBUYA CLUB QUATTRO 2018/03/05

c0011327_19364548.jpg
すっかり3月も下旬になり桜の開花という時期ですが、今月のライブ振り返りまで。
渋谷クアトロでのTHE AMAZONSです。
フジロックではレッドマーキーと岩盤の2連発を豪雨の中で観た印象がとても強く、昨年の新人バンドの中でも極めてハマったバンドの単独でしたので、それはもう楽しみでした。
当時ですでにでかいハコで十分いけるという感触だったので、もっと大きなハコでもと思うほどのクアトロですが、この会場の最難関でもある柱の邪魔さから整理番号も良かったので必死に急ぎ下手端ではありましたが最前列を確保できました。

c0011327_19365094.jpg
ライブはもう安定というレベルにありそうなほど堂々としていて、王道ロックのスケールをもっているので、迫力も十分で、ライブも多くこなしてきているので仕上がりきった感じがしました。
これほどわかりやすいロックなんですが、おそらく時代的にセールス的にはまだまだなんだと思うのが残念で、大物の前座かなにかで一気に有名にさえなればそのスケールが伝わると思うのですが。。
ギターロックってこういうのわかりやすくて楽しいよねというサウンドを体現していて、途中「Little Something」ではT-REXの「20th Century Boy」をカバーで挟む流れもそういう系図を感じさせるもので、かなり盛り上がりました。
ぜひまたアルバム出す時にはツアー組んでもらいたいし、もっともっと売れてもらいたいバンドです。
フジロックの時によくしてもらったマネージャーの方を見つけることができたらフジロックでのお礼を伝えたいとも思いましたが、残念ながら見つけられずでした。

Stay With Me
Ultraviolet
Raindrops
Burn My Eyes
Howling
Holy Roller
In My Mind
Little Something / 20th Century Boy
Black Magic

-encore-
Palace
Junk Food Forever




by yo4san | 2018-03-19 19:51 | Comments(0)

3月に入って

c0011327_01181644.jpg
あっという間に感動の連続だったオリンピックも終わり、寒さと暖かさ、そして花粉が入れ替わりの時期に突入しました。
Jリーグも開幕はしていても、ホームはまだだし、結局観れないしと4月まで自分の開幕はしない状況ですが、アーセナルはもう崩壊状態の連敗で、残りを見るよりJリーグかなと。。
コンサドーレもマリノスも超攻撃スタイルにシフトしての新シーズン、序盤からそのスタイル変化は顕著で、勝ちがついてくると状況も変わると思いますから、その時を待ちつつ楽しみなシーズンにしたいと思います。
あとここ最近は映画も良いものが多く、直近観たものでは「ブラックパンサー」は期待以上でソーがコメディに振りすぎでイマイチだった自分には、マーベルの主役はこういうのだよなという仕上がりに、次のアヴェンジャーズではアイアンマンのあとを受けつげそうなスケールを感じましたし、「シェイプ・オブ・ウォーター」はアカデミー賞本命というのもわかる、今までのあらゆる要素が含まれながらも、どれも成立しなかった独自のバランスを見出した作品として特徴的なラブストーリーだし、映像の良さも驚くものでした。どちらも本当に素晴らしい作品でした。
両方もう一度観に行きたいな。。
来月から環境変化もあることから、変化の1ヶ月となるのですが、少しでも自分をポジティブに向かわせられるような状況にしていかないといけないなと思っています。
年明け以降、ライブも良いですが、リリースも良いものが多くて、DJANGO DJANGOの3rdもかなりハマっている作品です。
相変わらずサイケというにもカテゴライズしきれない独特のサウンド世界で、様々な表情を持つ作品になっていると思います。
こうした勢いを形にできる表現力ってすごいですね。
自分からはどんどん枯れていってるのではという不安感しか感じない昨今だけに。。
久しぶりにライブ観たいんですが、来日無いだろうなぁ。。。
サマソニとか無いですかね。。。
今月はTHE AMAZONS、STARCRAWLER、電気グルーヴといったライブスケジュールです。

by yo4san | 2018-03-05 01:33 | Comments(0)

MOGWAI @ STUDIO COAST 2018/02/27

c0011327_22175785.jpg
2月最後のライブはMOGWAIでした。
こちらもサマソニ深夜のホステス来日があり、アルバムリリース前にタワレコイベントも行ってましたが、その時スチュアートと話ができて、単独ツアーの計画も早い時期にあるよと言ってくれていて、こうして実現した単独公演です。
なんだか良いタイミングでそういう話ができてラッキーだったなと思うのですが、最近の昼間のモヤモヤを抱えながらも新木場に到着。
整理番号はとても良かったのですが、到着時刻から一番前とはいかず、スチュアート正面になる位置に。

c0011327_22183318.jpg
新作からのチョイスが多かったセットリスト。ホステスの時はもう眠気も含めフラフラしながら聴いていたときに、あの爆音でしたから倒れるかなとすら思った記憶がありますが、前のほうにいたからなのか、会場によるのか、自分が割と元気だったのか、わざとなのか前回ほど音は大きくなかったと思います。
繊細な展開から激しくという基本の流れでの緩急が心地よく、音楽にどっぷり浸かれる感覚こそこのバンドの没入感だと思いました。
ドラムがかなり若い青年でしたが、これはホステスの時もそうだったでしょうか?
見た目にも目立つ衣装だったのでそうした変化も新鮮でした。
c0011327_22190664.jpg
リリース後結構聴いていたこのアルバム、自分にはかなり印象に残る作品にライブも合わせてなったと思います。
やはりこの2年くらい、とにかくたくさんというより深く感じられるように音楽を聴こうと意識しているのですが、結局仕事が暇なわりに他のこともやるようになるので、時間を作りきれていないかなと最近感じていたのもそのはずで、今年に入ってしばらく聴いていなかったなと新たに発見もあったこの先品です。

Hunted by a Freak
Party in the Dark
Cody
Coolverine
Ithica 27ø9
Crossing the Road Material
2 Rights Make 1 Wrong
Don't Believe the Fife
I'm Jim Morrison, I'm Dead
Auto Rock
Remurdered
Old Poisons

-encore-
Every Country's Sun
Mogwai Fear Satan



by yo4san | 2018-03-04 22:29 | Comments(0)

RIDE @ TOKYO DOME CITY HALL 2018/02/19

c0011327_21575121.jpg
もうすっかり3月に入ってしまってますが、しばらく更新しないままでした。
どうも気持ち的にモヤモヤした時期が続いていまして、PCに向かうのも別に仕事しているわけでもないのに、気分が晴れないという感じが続いていまして。
とはいえライブはとても良かったので忘れないようにということで、まず東京ドームシティホールでのRIDE。
昨年ロンドン含め2度も観れていましたが、ロンドンは一番前でかぶりつきでしたがアルバムリリース前でしたし、サマソニ深夜のホステスは手前でTHE HORRORSで大熱狂したあとやや遠目ということで、アルバムのツアーとしては仕上げのような気持ちで向かいました。
幸い仕事をするっと上がれたので会場着も早めでしたので前のほうに行けました。
ここのところはスティーブ側になることが続いたのでアンディ側にしてみました。
オープニングアクトはTHE NOVEMBERSでした。

c0011327_21575821.jpg
RIDEはホステスの時は時間の制限もありニューアルバムの曲も限られ単独ではその分多く聴けるのが良かったところで、「Charm Assault」も日本では初プレイとなったということに。
そしてタイミング的にデジタルで先にリリースされていたEPの楽曲も投入され、仕上がりとフレッシュな要素両方を確認できた貴重なタイミングだったかもしれません。
ここ数年でなんだかんだと結構観れるチャンスを得ているRIDEですが、再結成してくれて良かったバンドです。。
そしてなんとなく「Drive Blind」がプレイされるとこれで終わりかな感が出てしまうのか、アンコールがあって得した気持ちにも。笑
新旧楽曲が満遍なくというセットリストになりまして、現在地点としての集大成になっていますね。

c0011327_21582493.jpg
そうしてライブ後に到着した新EP。
フィジカルはアナログのみという最近らしいリリース形態ですが、こうして新作が続くと、まだこの先もやってくれそうな気もしてきます。
ぜひ、アルバムも、次のツアーもと続いてもらいたいバンドですね。。


Lannoy Point
Charm Assault
Seagull
Weather Diaries
Taste
Pulsar
Catch You Dreaming
Like a Daydream
Dreams Burn Down
Cali
Time of Her Time
Lateral Alice
All I Want
OX4
Vapour Trail
Drive Blind

-encore-
Rocket Silver Symphony
Leave Them All Behind
Polar Bear
Chelsea Girl



by yo4san | 2018-03-04 22:13 | Comments(0)