人気ブログランキング |

THE HOLY BIBLE

<   2019年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

復活の気配

c0011327_01075654.jpg
更新怠けている間に、花粉が気になるシーズンに突入し、Jリーグも開幕。
マリノスは三好の大活躍もありアウェイで勝利スタートとなり、コンサドーレは内容は悪くなかったものの、湘南相手に敗戦スタート。
アーセナルはELのピンチも克服し、本日リーグではサウサンプトンに勝ち、また4位に戻りました。
来週末はいよいよ日産スタジアムでホーム開幕です。
仕事は忘れてしまいたいほどパッとせずですが、映画アリータも観ました。
最初はCGとはいえアリータの表情はやりすぎではと思っていたものの、観終わる時には完全に違和感がなくなっていたから不思議な作品です。
モーションキャプチャにCGをかぶせる技術もくるところまできましたね。

早いもので2月も最終週になり、今週はPALE WAVES、3月に入って初日はCHVRCHESと、女性ヴォーカルバンドのライブが2本あります。
そうした時間を大切にまずは日々やり過ごすことがあってもなんとかというつもりでやってます。
ここのところ、どうも9年ぶりらしいイアン・ブラウンのソロアルバムがリリースされ、かなりヘビロテで聴いています。
いかにもなファンク要素もあり、ROSESにあってもおかしくなさそうな曲もありですが、ギターなどまで自分でやってたりするようで、気合い入れた作品とも感じます。
やはり自分の進む方向性がはっきり見えているとこうして生き生きとした作品が作れるんでしょうね。

週末はDAZNのチャンネル切り替えが忙しかったですが、バスケ日本代表も4連敗から8連勝でワールドカップ出場を決め、素晴らしい自力を見せたように思います。
そんな流れに自分もあやかりながら、自分と向き合っていこうと思う春間近です。

by yo4san | 2019-02-25 01:17 | Comments(0)

JON SPENCER @ LIQUIDROOM 2019/02/20

c0011327_20450072.jpeg
寒暖の差がが激しい最近で花粉も飛びはじめ、季節の変わり目を感じながら、今回はソロで来日となったジョン・スペンサーです。
JSBXでライブを観たのは3年くらい前になりますが、なぜにソロ活動?という不思議は感じながらも、どういうライブになるのかとても気になっていました。
リキッドルームへは、仕事を早く切り上げ一度帰宅してから向かえまして、しかも整理番号30番ということで一番前につけることができました。

c0011327_20450876.jpeg
ソロとはいってもバンドセット、ドラム、パーカッションにキーボードという編成で「HIT MAKERS」と呼んでましたが、やっぱりベースはいないのねと思ったのですが、低音もあるし時にはステージに見当たらないテルミン風な音まで。
そうキーボードがこのあたり担当するのでしっかりとしたバンドサウンドになっています。
JSBXだと上手にいるジョンもこのバンドではセンターにいまして、とても不思議な感覚でした。
ライブはJSBXのようにノンストップに近い展開ではあるものの、あそこまでの激しさとはどこか違う、ノリの良さといいますか、ラッセルやジュダとの凄まじいテンションとは違う空気感でJSBXの曲もありましたが、これはこれでソロとしての活動ということなのかなと。

c0011327_20451244.jpeg
過去JSBXの来日で幸運にも楽屋に入れていただいたこともあるだけに思い入れもありますが、ソロ曲中心の展開に時折JSBXなどの曲が入ります。
いつもながらマイクを飲み込むんじゃないかという扱いもジョンらしいですが、もうガレージロックとしては彼しか聴いてないのではという昨今。

c0011327_20451756.jpeg
幸運にもセットリストをいただきました。ただここにはアンコールが書かれていなくて、そのアンコールでも最後の前にはJSBXの「Bellbotoms」がプレイされたものの、フルではなくてイントロ部で終了という生殺し感。笑
ベイビードライバーで改めて注目を集めた名曲だけに最後まで聴かせてくれないと、いつもあのイントロでベイビードライバーが浮かんできてしまいますね。

c0011327_20454062.jpg
終演後レコード購入者にはサイン会もあったのですが、同じレコードを何枚も買ってもと自制しまして、改めて帰宅して聴いてみているソロ作。
同じ人が作りますからもちろんJSBXっぽい要素がとても多いのですが、ライブとセットにしてみると、また違って聴こえてくる感覚もあります。
割とポップさを出しているというのもあるのか、あたかも過去曲をまとめたかのようなタイトルですが全部新曲なので、これが今のジョンのモードなんでしょうかね。
やはりどうしてもあのエクスプロージョン体験を欲してしまうので、ラッセルとジュダにも会いたかったなとは思うのですが、ライブはとても楽しめました。

前座バンドのKlan Aileenがいつものライブと違って年齢高いと言って、どこか不評を買ってないか気にはなりましたが、やっぱり洋楽リスナーそのものの高齢化なんでしょうかね。もっと若者にもこうした音楽が刺激あると思うのですが。
そうしてもうちょっと人も動員できるイベント増えないと、どんどんチケットの値段も上がるし、来日も減るしと思ってしまうので、何かブレイクスルーが欲しい業界だろうなとか日々感じてしまいます。

Alien Humidity
Wilderness
Overload
Pretty Fuck Look (Pussy Galore song)
Time 2 Be Bad
Ghost
Dang (The Jon Spencer Blues Explosion song)
Beetle Boots
New Breed (Pussy Galore song)
Cape
Love Handle
Tough Times in Plastic Land (Sam Coomes cover)
Shirt Jac (The Jon Spencer Blues Explosion song)
I Got The Hits
Do The Trash Can
The Loveless (Heavy Trash song)

-encore-
Hornet
Just Wanna Die (Pussy Galore song)
(Unknown)
Bellbottoms (The Jon Spencer Blues Explosion song)
No Count (Pussy Galore song)




by yo4san | 2019-02-24 21:03 | Comments(0)

あっという間で

c0011327_23514662.jpg
アジアカップは決勝でカタールに敗れ、いろいろ批判も出ていたとは思いますが、大迫と冨安は大きく評判を上げたことになったと思います。
これからどんどん世界で活躍してもらいたいし、これからコパ・アメリカではさらに強国とばかりの戦いなので、そこでしっかり成果を感じさせてもらいたいですね。
来月のキリンチャレンジカップはコロンビアとなり、もしかするとイランの前監督ケイロスが就任の噂もあり、チームを変えて再戦というのも見ものですね。
その3月にもうそんなに経ったかという30周年記念ライブをやることになっている電気グルーヴがその記念アルバムをリリース。
既存曲もライブの最近でのアレンジに近いミックスだったり新曲も入っていたりで最近のモードでのサウンドが楽しめますが、30周年の歌だけでなく、10周年の歌が新曲として収録されているのも面白いですよね。。
何種類も作ったらこれが一番出来が良かったということらしいですが、このあたり流石です。。
最近ライブもチケット代が洋楽はどんどん高騰するので、なんでもかんでも行くことが難しくなってきていますが、フェスのラインナップも発表されていく時期になりました。
ヘッドライナーだけ見るとフジロックも行きたくなってしまいますが、今年はいろいろありまた見送りかなという状況。。
サマソニは待望のTHE1975来日(ヘッドライナーではないけど)ということで、もっとUK勢の追加投入を期待したいです。

今月はこれまで映画を2本観て、公開日の2/8(金)に観た「アクアマン」は本当によくできていて、ジャスティスリーグでは一番出番が少なかった印象でしたが、コミックの設定よりかなりワイルドなのがどうかなと思ってましたが、内面も含め俳優のキャラも活かしたオリジナル設定が悪くないです。
ニコール・キッドマンの美しさにも驚きましたが、IMAXレーザーという新方式で観たところ、色彩の素晴らしさも実感できて楽しめました。
そして本日は「ファーストマン」を観ました。
アポロ計画の裏側から事実を深く描写していて、大味な演出に頼ることなく、重い表現がベースで事前予想とも大きく違った作りが良かったし、派手な結果の裏にある苦労、苦悩そういう部分が迫ってくる内容でした。

3連休もあっという間でまた明日からということで雪も降った寒い日々でしたが、体調に注意してまた次の週末に向けてというところでしょうか。
あまり先をイメージすると苦しくなってくるので、最近はそうしてやり過ごすのも大事かなと思っています。



by yo4san | 2019-02-12 00:08 | Comments(0)