THE HOLY BIBLE

今日は2曲

c0011327_0253397.jpg
まずはTHE ORBから。
このアルバム「Bicycles & Tricycles」収録のヒットシングル「From A Distance」はLAD MUSICIANとのコラボということであのドラえもんをフィーチャーしたビデオがあります。マンガやアニメで慣れ親しんだドラえもんとはまた違った不思議な世界がTHE ORBの楽曲で楽しめます。
そしてその仕掛け人の気持ちを近くに感じ、やはりモノを作って人に届けるというのは想いなくはできないことかなぁと気持ちをあらたにしました。


c0011327_0474519.gif
続いて2曲目、本日発売のNEW ORDERのニューアルバム「Waiting For The Sirens' Call」から、先日シングルとして取り上げた「Krafty」の日本語バージョン。
バーニーの日本語の発音がまた微妙で面白い作品です。
「たちつてと」の発音がやはり日本人と違うのがよくわかります。
アルバムはというと、期待通りのキャッチーなメロディー満載、徹底的にポップととにかく踊れる作品になっています。
明日からヘビーローテーション確実な内容です。
ライヴパフォーマンスについてはいろいろ言われるバンドですが、ファンにしてみるとあれがいいんですよね、やっぱり。
あれほど愛嬌のあるバンドもないといいますか・・・
まだまだ現役でいける証明になったようで、なぜか私がホッとしたという・・・
ピーター・サヴィルのアートワークもいつもながら秀逸です。
[PR]
# by yo4san | 2005-03-24 00:45 | Comments(1)

曇りのち雨

c0011327_1251016.jpg
週明け特有の重い気持ちに負けず出勤したものの、よく考えれば休みがあったぶん平日にしわ寄せがあるわけで、「今週は1日少ない」ってかなり思いこみかとか、そういうネガティブになりがちな1日でした。
天気が悪いと気分も優れないもので、福岡は今頃大変なんだと自分を戒めなんとか乗りきりました。
日曜買ったレコードの1枚が、ずいぶん前にアルバムで書きましたRYUKYUDISKOです。
DJやってる人(含む自分)においしいループトラックとDICOTWINSのリミックスが入った「RYUKYU DENBU」のシングルです。
RYUKYUDISKOはテクノが好きか嫌いかは関係なく楽しくノレるサウンドだと思いますが、なんとなく憂鬱な時に聴くと気分も軽やかになるかもしれません。
[PR]
# by yo4san | 2005-03-23 01:33 | Comments(0)

連休終了

c0011327_23533151.gif
昨夜夜更かし(いつもですが)したのが良くなかったのか、起きてみれば「笑っていいとも」が始まっていて、「またやってしまった・・・」とばかりに微妙な連休最終日になりかけ、それはあまりにも切ないと天気も良かったので自転車で近所を散歩。
確実に春を感じる今日このごろですね。
それから渋谷にレコード漁りということで、今日はテクノのみ1万2千円お買いあげと、かなり大盤振る舞いしてしまいましたが、今日はこれからゆっくり聴こうかと。


c0011327_23591692.jpg
その後、職場仲間(とはいえ大先輩ですが)と二子玉で合流し食事ついでに軽く飲み。
近所で飲むのはやけに安心感があるのと、音楽の話に終始し仕事の話をしなかったのも良かったのか良い気分転換になりました。
そこで話題に出たPRIMAL SCREAM。
やはり「ただのロックバンド」とは言われない独特のセンスを放ち始めた「SCREAMADELICA」はいつ聴いても飽きない名作です。
別に酔うほど飲んでもいませんが「Higher Than The Sun」で余韻に浸ってから、今日買ったレコード聴きますか。
[PR]
# by yo4san | 2005-03-22 00:06 | Comments(0)

じっくり聴くには

c0011327_22411.jpg
いつも通勤中(に限らず移動中?)には音楽を聴きながらの私ですが、約50分の片道であればちょうどアルバム1枚くらいの時間なので、買ったばかりのものを中心に聴くのですが、THE MARS VOLTAのアルバム「Frances The Mute」は77分というトータルだけでなく、軽く10分を超える曲の連発ということもあり、じっくり腰をすえて家で聴きたい作品です。
「プログレ」ってこういうのだったかな?と思いましたが、「コンセプト先行」「やたらと長い」というイメージでどうもとっつきにくいそういうものとはちょっと違います。
音に感情豊かな表現力があり、高度な演奏はただ計算されたものではなく、激しさと静けさをはっきり分けたメリハリがあって、決して難しい作品ではありません。
SONICMANIAでもその演奏に圧倒された人も少なくないはずです。
休みの日はこういったじっくり聴く作品にはまるのも悪くないですね・・・って結局引きこもりかよ・・・と情けなく思いつつ、「Cygnus....Vismund Cygnus」をまた聴いて・・・
[PR]
# by yo4san | 2005-03-21 02:17 | Comments(2)

春はあけぼの

c0011327_092685.jpg
K-1のソウル大会でついに曙が1勝しましたね。
相手が43歳角田というのはどうかというのがありますが、ようやく春を迎えたわけです。
その入場曲でかかっていた曲がPUFF DADYの「Come With Me」。
JIMMY PAGEがギターをやっていますが、あのLED ZEPPELINの名曲「Kashmir」のリフを使った面白い曲です。
結局ジミー・ペイジはLED ZEPPELINの曲を超えるものを出せなかったように思いますが、こういう使われ方というのは面白いですね。
でもこの曲が入ったサントラの映画「GODZILLA」は・・・豪華キャストだった(はず)わりに・・・
サントラはJAMIROQUAIやRAGE AGAINST THE MACHINE等話題曲が結構ありましたけどね。
[PR]
# by yo4san | 2005-03-20 00:21 | Comments(0)

3連休初日

c0011327_14185417.gif
すっかり春らしくなり3連休に突入。
でも疲れが出たのかようやく起床でこれから洗濯に掃除に・・・とかなり微妙なスタートになりますが、ただの引きこもりにならないよう気分転換でもしようと思います。
U2がロックの殿堂に入ったとのニュースがありました。
これだけのキャリアですから、驚くことではありませんでしたが、ここまでよくこれだけ多くの作品を出してきていますよね。
そして今もそれを続けているというのは驚異的です。
まだ日本のツアーは発表されず、かなり不安がありますが、やっぱり6月イギリスで・・・ということでしょうか。
遅い朝ですが「BEAUTIFUL DAY」でさわやかに。
[PR]
# by yo4san | 2005-03-19 14:26 | Comments(1)

連日ですが

c0011327_151539.jpg
今日も飲んでしまいました。
春が近づき、雨も降りましたが暖かくなってきた最近、季節もかわりゆくのを感じます。
飲みも自然と多くなりますが、声がかかるのはうれしいことだと思います。
買ったのはずいぶん前になりますが、あのデトロイトテクノの名作中の名作「STRINGS OF LIFE」になぜかヴォーカルが入った曲があるではありませんか。
きっとテクノは聴かない人たちがこれを聴いて、カバーと思わずいい曲と思うのでしょうけど、声が入るのはやはりとても不思議なカバーです。
どっちが好きかと聞かれれば、確実にデリック・メイのオリジナルという感じではありますが、こういう機会に幅広く名曲にふれるというのは悪くありませんね。
人との出会いもあれば、こうした音楽との出会いもある。
そうした出会いで日常もすこし贅沢に変わる。
さ、今週もあと1日、がんばっていきましょう。
[PR]
# by yo4san | 2005-03-18 02:10 | Comments(0)

BECK三昧

c0011327_026454.jpg
今日も忙しくあわただしい1日でしたが、昨日購入のBECKニューアルバム「GUERO」は想像以上に素晴らしい内容です。
今までの実験的要素すべての成果での集大成ともいえる、もっともバランスのとれたBECKサウンドです。
ローファイな肌触りで計算されたリズム構成、音の隙間をうまく使った曲の作りは完成を見たレベルになりました。
前のスタイルの焼き直しとは言えない、成熟したセンスです。
リミックスシングルの出ていた「HELL YES」もそのあたりが端的に表現されていると思います。
今日は通勤と勤務中に3回とかなりこればかり聴きつつ、忙しさを乗りきったという感じです。
帰りは同じ歳4人での「ラッキー酒場」での飲み会。ああでもないこうでもないと賑やかにやりました。
明日もがんばっていきますか。
[PR]
# by yo4san | 2005-03-17 00:39 | Comments(0)

かなりイライラ

c0011327_0194182.jpg
かなり前の話なんですが、親しい友人から私は忙しかったりプレッシャーのレベルが高いと「無駄」と口癖のように言うと言われたことがあります。
確かになと納得したんですが、今日はまさにそんな日で、あやうく八つ当たりしそうになる勢いでかなりストレスがあるんだなと自覚。
今日はこれからBECKのニューアルバム聴こうと思いますが、その前にNew Orderのニューシングルについて。
まもなくリリースされるアルバムからのリードシングル「KRAFTY」ですが、これがかなり驚くほどポップ。これはアルバム期待できますね。
最近はこうして楽しみな作品が続いていて、出費もすごいのですが、感動もまたそのぶん味わえます。
[PR]
# by yo4san | 2005-03-16 00:32 | Comments(0)

まだ売ってなかったんだ

c0011327_0135528.jpg
よく日本盤先行とか、日本盤特典DVDとか、洋楽には輸入盤価格との戦いがありつつも、どういう売り方なのかというのは苦しいところでしょう。
私は数買うせいもありますが、輸入盤でシングルも買うのであまり日本語訳というのも気にしないので、とにかく期待度に応じて速く買いたいか、輸入盤では絶対入手不能なDVDとかがポイントでしょうか。
それはあくまで期待されてる実績のあるパターンで、新人の場合そうもいかないのかと思うのがTHE FUTUREHEADSです。
このブログの年末でのアルバムベスト10にもあげましたが、本国イギリスではとっくに売れてる新人バンドにもかかわらず、日本発売はなんと6月とか。
それだけ間あけば何特典つけてもね〜と思いつつ、余計に知る機会も減るんだろうな〜ともったいない感じです。
つい最近まで売ってないの知らなかったんですけど。
で、肝心の音のほうですがパンクというには適切ではない表現ですが、THE JAMに感じたコンパクトさと直球なアプローチがルックスに似合わず(?)とてもパワフルで、突き抜けて欲しい勢いがあります。
突然こういうバンドが出てくるから、新人チェックはやめられません。
どれも2分くらいの瞬間勝負ですが、ジャスト2分の「ROBOT」がいいですね。
こんな勢いで毎日突っ走りたいと、気持ちだけでも前のめりで・・・
[PR]
# by yo4san | 2005-03-15 00:38 | Comments(0)